11.再現性の高いグリップの握り方【桑田泉プロ】

From リアルスタイル
ゴルフコンテンツ担当 川手

体が余計な動作をしたり、
スイングの軌道がズレたりすると、

「力んでるよ~」
「力抜いて~」

などと、アドバイスが飛んできますが、
「自然体」と改めて言われると、

どのくらいの脱力感のことを言うのか、
基準が良く分かりません。

「クォーター理論」を提唱している、
桑田プロからすると、

グリップを握る段階から、
自然体で握れていない人が多いと仰います。

気を付けているつもりだが、
スイングが力んでしまう。

コースに出ると、
アドレスの段階で力んでいると指摘される。

このような場合は、
グリップを握る段階から、

余計な力が入ってしまっているのかもしれません。

自然体でできるからこそ再現性の高いグリップの握り方を確認してみてください。

【映像抜粋】
桑田泉のクォーター理論 基本編
~100切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~