【ショートパット】ブレイクポイントを狙って正しい動作をやり切るだけ

パッティングとショットの決定的な違いは、

ボールが地面を転がるか
ボールが空中に飛び出していくか

ショットであれば回転軸の傾きにより
左右にボールが曲がることもあれば、

インテンショナル(意図的)に
曲げていくことも可能です。

パッティングでは、
地面を転がっているので、

意図的に左右に曲げることはできません
打ち出す強さ以外に芝目や傾斜の影響で、

ボールの勢いや曲がり幅が決まります。

しかし、フックラインに向かって打ち出すと、
体を巻き込むように引っ掛けてしまったり、

スライスラインに向けて打ち出すと、
プッシュしてしまったりと、

目から入る情報に、
動作が影響してしまいますが、

意識すべきは
狙いに向かってまっすぐ打つこと。
(まっすぐ押し出すように打つことではありません)

その次に、どこに向かって真っすぐ打てば、
カップに入るのかという読みです。

桑田プロは、
データを取れば得意なラインもあれば、
苦手なラインもあるので、

狙う時のメンタル面にも変化をつけることで、
カップインできる確率は変わってくると解説されています。

動画で確認して、
パット数を減らすヒントにしてみてください。

【映像抜粋】
桑田泉のクォーター理論 実践編
~90切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~

kuwata