下りのラインでも距離感が合うパターの打ち方のコツ

下りのラインのパッティング…

返しも嫌な距離が残るほど、
カップをオーバーしてしまう

結局、返しを決めきれずに、
スリーパット…。

初めてのコースや、
速いグリーンでは珍しくありません。

下りのラインだから、
ストロークを小さくして、

距離感をコントロールするだけでは、
まだ対策が不十分です。

上級者はインパクト時のパターの
ロフト角まで計算しています。

アドレスを決めてから、
ロフト角を調整するだけで、

「ナイスタッチ!」と言われる、
パッティングをすることができます。

その方法は…
動画で確認してください。

動画で紹介したパッティングテクニックは、
クォーター理論【上級編】に収録しています。

以下の画像をクリックしてご確認ください。

kuwata