6.ピッタリ寄せるランニングアプローチ【桑田泉プロ】

From リアルスタイル
ゴルフコンテンツ担当 川手

前回のパットアプローチに続き、
今回はランニングアプローチ。

ショットの落としどころを決めて、
転がしながらカップに寄せる。

しかし、転がりすぎて
カップから離れていく…

思ったよりも転がらなくて、
寄り切らない…

このような
ランニングアプローチになっていませんか?

しっかり寄せられることができれば、
ワンパットで上がることができて、

スコアを崩すことなく、
次のホールに向かうことができます。

ベストスコアを狙うなら、
様々な状況でもリカバリーできる。

そんなテクニックを
身につけておきたいですね。

「クォーター理論」の
ランニングアプローチのテクニックをご確認ください。

 

【映像抜粋】
桑田泉のクォーター理論 基本編
~100切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~