9.振り幅をコントロールする際の注意点【桑田泉プロ】

From リアルスタイル
ゴルフコンテンツ担当 川手

ゴルフは道具を使って、
ターゲットにボールを飛ばすスポーツです。

野球、テニス、バドミントン、卓球など
他にも道具を使ってボールを飛ばすスポーツはありますが、

ゴルフの場合は、
道具がⅬ字形になっているので、

グリップの延長線上に、
ボールをとらえる「芯」がありません。

この道具の特性上、
クラブを握る手首がほどけてはいけないと、

桑田プロは仰います。

さらに、体でクラブを引っ張って、
ボールを飛ばそうとするスイングは、

クラブが遅れてついてくるので、
的確なインパクトができません。

どのようにして
クラブと体を同調させていくかというと、

クラブを握る腕と体で、
面を意識してクラブを扱うことが、

クォーター理論では重要です。

短い距離でもショットの再現性が低い。
同じような距離を連続で打てない。
小さいスイングでもフェースの芯を外してしまう。

このような症状がある場合は、
クラブの扱い方を動画で確認してみて下さい。

【映像抜粋】
桑田泉のクォーター理論 基本編
~100切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~