【クォーター理論】綺麗なスイングを目指すために「ハーフスイング」を固める

~ハイエストゴルフ スタッフより~

 

皆さんは、スイングが安定しない時や、調子が悪い時とき、基礎的な事で行き詰まった時、どんな練習をしますか。

 

基礎的なことというと、グリップの握りや、アドレスなどを見直し、練習を繰り返すことはいい事ではありますが、ここで、絶対にやってはいけないことの一つに「フルスイングの練習で修正する」ということです。

 

スイングの基礎を固めようと思っていても、フルスイングでスイングを修正をすると、振ることや飛ばすことばかりに気が行ってしまい、やること(スイングの仕事量)多くなって崩れる一方です。

 

そこで、スイングを固めるためにやってほしいのが「ハーフスイング」での練習です。

 

ショットだけでなくアプローチにもいい影響を生むのがハーフスイングなので、初心者ゴルファーや100切りを目指すゴルファーの皆さんも練習にぜひ取り入れましょう。

 

ハーフスイングの3つのメリット

 

ハーフスイングを積極的に練習をし、スイングを固めていくことのメリットは3つあります。

 

1)スイングが美しくなる

 

ハーフスイングは大きな動きもないので、スイングの安定につながります。

 

このハーフスイングをしっかり固めることができれば、インパクト前後の動きである「インパクトゾーン」が安定して長く取ることができます。

 

ハーフスイングは始動時にクラブのヘッドから上げる動きが少なくなっていきます。

 

また、オーバースイングなることもないので、スイングの軌道が一定にもなりやすく、ミスも大きく減らすことができるのも特徴の一つです。

 

これらが身につく事で身体での始動がスムーズになり、力みの少ない、大きなスイング軌道の綺麗なスイングを手に入れる事が出来ます。

 

2)トラブルショットに強くなる

 

スイングの軌道が安定することで、「林からの脱出」や「木の下を通す」等のトラブルショットへの対応にも強くなります。

 

練習の時は、ロングアイアンやドライバーでもハーフスイングで練習することで、そのようなクラブでも安定したショットを打つことが可能です。

 

もちろん、アプロ―チがざっくりしてしまう方や、トップしてしまう人はショートアイアンや、ウェッジで練習するのもおススメです。

 

3)ミート率が上がる

 

100切りを目指す全てのゴルファーが取り組むべき課題にミート率のアップがあげられます。

 

ミート率を確率を上げるには、フェースの向きやスイング軌道がスクエアに近い状態でインパクトをする事が大切です。

 

しかし、いきなりフルスイングで練習を行うと、余計な動きが多い分、不安定なスイングになってしまいます。

 

まずはハーフスイングでボールをフェースの芯に当てる感触を覚えたり、ミスヒットした場合でも、どこにボールが当たったのか、どんなボールが飛んで行ったのかわかりやすいハーフスイングで練習をしてみてください。

 

自分のミスの傾向を正確に把握できる感覚をハーフスイングで身につけていきましょう。

 

ハーフスイングのコツ①
テークバックは腰の位置まで

 

ハーフスイングで練習をするときは、注意するべき点はテイクバックを大きく取りすぎないことです。

 

「ハーフ」という名前の通り、どれだけ引いても腰の位置まで。

 

あまり引きすぎず、腰の位置でテークバックを止めるぐらいの意識でクラブを引いてみましょう。

 


“時計で例えると9時の位置まで”

 

動画で取って確認するのも良いですが、ここであまり腰の位置でピッタリと止めることに意識をを向けなくても構いません。

 

実際にボールを打つとなると、多少の腰より引いてしまうこともありますが、問題ありません。

 

まずは「腰の位置あたりまで引くこと」だけを意識して練習してください。

 

ハーフスイングのコツ②
下半身を90度ひねるだけ

 

テークバックを腰の位置まで引いたら、あとは下半身を90度ひねってインパクトをするだけです。

 

ここで、多くの方はボールを打とうとするあまり、クラブを動かしてボールに当てようとします。

 

ですが、ボールを打ちに行くからこそ、ミスが多くなってしまいます。

 

テークバックを取れば、上半身はそのままでキープ。

 

打つときは、下半身を90度ひねって、アドレスの位置に戻すだけです。

 


“テークバックの形をキープして下半身で打つ感覚”

 

この時のもう一つのポイントは、ボールを直接打つのではなく、5センチ手前を“ダフる”つもりで打ってみてください。

 

もちろん、この時も手で打ちに行くような意識ではなく、下半身で打つイメージを持ちながら打ってみましょう。

 

長いインパクトゾーンをとれるようになるためにも、下半身からのハーフスイングで手前からダフるような感覚を身につけましょう。

 

ハーフスイングのコツ③
フォロースルーは取らない

 

ボールを打つときに、もう一つ意識してほしいのは「インパクトでスイングを終わる」ように打ちに行くことです。

 

つまり、フォロースルーを取ることは気にしなくて良いことです。

 

ここでフォロースルーを取ることを気にしなくて良いというのは「フォロースルーをしてはいけない」ということではありません。

 

先ほどの「インパクトでスイングを終わる」ように打ちにいくと言いましたが、スイングを終わるように打っても、惰性で“勝手に”フォロースルーがでてしまいます。

 

ですので、惰性でフォロースルーがでるのは問題ありません。

 

この時、腕でフォロースルーを取っていないか確認する方法は、リーデングエッジと背骨のラインが平行になっていることをです。

 


“アドレスのままの形をキープできていれば平行になる”

 

ですので、まずはボールを打ちときは「インパクトでスイングを終わる」ように打ちに行くことを意識すること。

 

そして、フォローするが惰性で出てもOKですが、リーデングエッジと背骨のラインが平行になっていることを確認してみてください。

 

インパクトの答えが詰まっている

 

このハーフスイングにはフルスイングの「インパクトの答え」が詰まっています。

 

しっかりと、ハーフスイングでミートできることができれば、フルスイングの安定に繋がってきますので、しっかり練習をしてみてください。

 

今回、解説したのはクォーター理論のスイングの核となる「S2」というスイングです。

 

動画でも説明していますので、こちらのしっかりとチェックしてください。

 

 

また、前回に説明させていただいた、クォーター理論の「S1」スイングともつながるところがたくさんありますので、「S1」のスイング練習も一緒にやっていきましょう。

 

【Check】ミート率を上げ、まっすぐ飛ばすスイング。「クォータ理論」とは?

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

LINE友達登録で60%OFFクーポンプレゼント

LINEの友だち登録をするだけでトップ選手の戦術を自宅でしかも、1,500円OFFで学ぶことができます。

11月30日(月)まで
ハイエストゴルフの公式LINEアカウントを友だち追加すると、
桑田泉のクォーター理論 基本編
~100切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~DVD
60%OFFになるクーポンをプレゼント!

>>詳しくはこちらをクリック!