左足下がりの傾斜に対応する方法【アプローチ】

今回は「傾斜対応」についてです。

グリーンオンを狙った場面で、

左右に外してしまったり、
オーバーして土手に刺さると、

左足下がりの傾斜から、
寄せないといけない状況が出てきます。

この時、力加減や振り幅で
慎重になりますよね。

結果、ダフリトップで、
寄せることができなかった

または、
グリーンに乗らないこともあります。

グリーンオンできなかった、
ミスのリカバリーがしっかりできれば、

スコアを大きく崩すこともありません

遠めを狙う場合、近めを狙う場合の
2パターンの打ち方を紹介しているので、

動画でご確認ください。

左足下がり以外の傾斜対応方法は
クォーター理論【実践編】に収録しています。

以下の画像をクリックしてご確認ください。

kuwata
おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

LINE友達登録で60%OFFクーポンプレゼント

LINEの友だち登録をするだけでトップ選手の戦術を自宅でしかも、1,500円OFFで学ぶことができます。

11月30日(月)まで
ハイエストゴルフの公式LINEアカウントを友だち追加すると、
桑田泉のクォーター理論 基本編
~100切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット~DVD
60%OFFになるクーポンをプレゼント!

>>詳しくはこちらをクリック!