ゴルフで少しでもいいスコアで回るために、距離測定器を活用する!?

ゴルフでは、安定したスイングでいかにミスショットを打たないかが大事ですよね。

ナイスショットを出すことは大事ですが、ミスショットの数を少なくなる方がスコアも良くなっていきます。

ただ、そのショットを打とうにも、正確な距離を把握していなければ、せっかくのナイスショットもミスショットになってしまい、意味がありません。

ゴルフの距離は、目安があるもののアップダウンがあるため、ショットを打つまでに考えなければならない事はたくさんあります。

そんな中、一瞬で距離がわかるのが距離測定器で、数秒で正確な距離がわかります。

今回は、ゴルフのラウンドで使える距離測定器についてご紹介します。

距離測定器とは!

ゴルフで使用される距離測定器とは、自分のいる場所から目標とする物の距離が瞬時にわかるものになります。

そのため、自分のボールの近くに立ち、目標をピンにして距離測定器を除くと残りの距離がわかるようになります。

また、ピンだけでなく、コースの途中にあるバンカーや池までの距離を計測する事が出来ます。

距離測定器には、

  • GPS型
  • レーザー型

の2種類の測定タイプがあるので、それぞれご紹介していきます。

GPS型の距離測定器!

GPS型の距離測定器は、人工衛星を使って自分の場所がわかるようになっています。

  • 腕時計のように手首につけるもの
  • コースを表示するスマートフォンのようなもの
  • 携帯のアプリ

などがあります。

GPS型はコース全体を見ることができるので、コースの途中でも今ラウンドしているコースを再確認することが出来ます。

また、目には見えないバンカーや池など画面を見ればわかるので、打つ前にコース全体を確認することが出来ます。

GPS型の距離測定器は小型のものが多いため、持ち運びに便利で、ラウンド途中でも確認する事ができて便利ですよ。

ただ、GPSは人工衛星からの信号を受信しているため、ずれてしまう事があります。

いざという時に距離がわからないのは、デメリットになります。

金額は1万円いかのものが多く、比較的手のだしやすい価格帯となっています。

レーザー型の距離測定器!

レーザー型の距離測定器は、その場で距離を測りたいものに直接レーザーを当てて距離を測る事が出来ます。

そのため、その場からの正確な距離を測る事ができます。

大きさは、ビデオカメラぐらいのサイズで片手に収まるほどで、GPS型よりは大きくピケットなどに入れて置きにくいので、持ち運びには少し不便です。

ショットの前に距離を測ったら、地面に置くなどしなければなりません。

ただ、GPS型に比べて距離は圧倒的に正確なので、人気があります。

価格は、最低でも1万5000円程で、高いものだと10万ほどのものもあります。

高いですが距離は正確で、どのゴルフ場でも簡単に使えるため、オススメですよ。

因みに、レーザー型のものであれば、グリーン上にボールが乗っているかの確認や、セカンド地点にクラブを忘れてきてしまった時に双眼鏡代わりにもなりますよ。

使えない場合もある!

距離測定器は、試合など使えない場合もあります。

仲間内で楽しくプレーする分には問題ないですが、クラブコンペやゴルフの試合には使う事が出来ません。

中には、高低差を測る事が出来ないものなら、使用可というコンペもあります。

距離測定器を使う場合は、必ず確認してからにしてくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフのラウンドで使える距離測定器についてご紹介しました。

距離測定器は、その場で残りの距離を知る事が出来るので、とても便利です。

また、練習場でも距離を測る事ができますし、実際に自分の飛距離がわかります。

ゴルフのスコアアップを目指すのであれば、ぜひ距離測定器を購入してみてくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。