ラウンド中にボールについた泥は拭いてもいいの?

ラウンド中に泥がボールについてしまった時は、ショットに影響がありそうで、できればきれい拭いてプレーを継続したいところです。ただ、ルールとしては基本的には泥を拭くことは認められていません。今回はボールについた泥に関するルールについて解説します。

ボールは、あるがままにプレーするのが基本

あるがままにプレーするのがゴルフの基本です。

木の根元にあっても、深いラフの中でもそのまま打たなければならないのがルールです。

また、ショットがぬかるみに落ちるなどしてボールに泥が付いてしまった時も、そのまま打たなければなりません。

泥がついたボールは思わぬ回転がかかって、曲がったり距離がでなかったりすることがあるので、泥を拭いてショットしたいところですが、基本的には認められていません。

ボールの泥を拭いてもいい場合とは?

泥を拭くことが例外的に認められているのは、次の4つのケースです。

  1. グリーン上
  2. 落下の勢いでボールが地面に埋まったとき
  3. 泥で自分のボールかどうか確認できないとき
  4. ローカルルールとしてプリファードライとリフトアンドクリーンが認められている場合

2019年のルール改正以降、泥がついたボールはいつでも拭くことができるという誤った理解をしている人が多く見受けられます。上記の場合以外はボールの泥を拭くことはできないので、注意しましょう。

グリーン上では泥を拭ける

グリーンにのったボールをマークして拾い上げたあとは、泥を拭くことができます。

ただし、グリーン手前のフェアウェイに止まったボールを、同伴競技者のアプローチの邪魔になるため拾い上げることはできますが、その場合は泥を拭くことは認められていませんので注意しましょう。

落下の勢いでボールが地面に埋まったとき

2019年のルール改正以前は、ボールが埋まっているときは、マーカーの確認をとってから拾い上げて、泥を拭かなければなりませんでしたが、改正後は自分の判断で拭くことができます。

また、改正前はフェアウェイのみで適用されていましたが、改正後はラフでもボールが埋まっていれば拾い上げて泥を拭くことができます。

なお、地面に食い込んだボールを拾い上げたら、食い込んだ場所のニアレストポイント、つまり直後の位置からワンクラブレングス以内にドロップします。

泥で自分のボールかどうか確認できないとき

泥が付いて、ボールのメーカー名などが確認できず、自分のボールかどうかわからない場合は、拾い上げてボールを拭くことができます。

ただし、ボールを確認するのに必要な一部分だけです。すべての泥を拭いて取り除くと1打のペナルティになりますので注意してください。

ローカルルールとしてプリファードライとリフトアンドクリーンが認められている場合

大雨の日の翌日など、ジェネラルエリアがぬかるんでいる時には、プリファードライとリフトアンドクリーンのローカルルールが認められていることがあります。

プリファードライは、ぬかるみなど状態の悪い場所にボールがある場合に、ボールを拾い上げて、状態の良い場所に動かすことができるというルールで、ボールを拾い上げた際にボールを拭くことができます。

また、リフトアンドクリーンは、ボールに泥がついた場合に拾い上げて拭くことができるというルールです。

また、いずれの場合も、ボールをリプレースするのか、ワンクラブレングス以内にリプレースするかといった戻し方は、別途ローカルルールで決められているので、しっかり確認しましょう。

まとめ

ショットに影響があるボールについた泥は、できるなら拭きたいところです。拭いても大丈夫な状況をよく理解して、拭けるときはしっかり泥を取り除きましょう。2019年のルールの改正後の解釈に少し混乱のある部分ですので、この記事を参考に正しいルールを理解して下さい。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。