CATEGORY 大本研太郎のグラビティメソッド

アプローチの際のスタンス幅の決め方

ショットの際のスタンス幅は、 どのようにして決めてますか? フルショットの際は肩幅、 または肩幅以上… スタンス幅に決まりはないので、 プレーヤーによって様々です。 ・心地よく立てる ・バランス良く振れる ・下半身が安定…

スピンの原理を理解度がショットのレベルを上げる

ゴルフのショットで、 「曲がる」というと、 どのようなイメージがありますか? 最初にスライスを想像したとすると、 曲がるのは嫌なイメージ? それとも、フックを想像したとすると、 しっかりボールをとらえて打てる良いイメージ…

もうダフらない!

練習場やコースでのミスショットといえば… ・ダフる ・トップする ・ヒールに当たる ・思ったよりも右に打ち出す ・思ったよりも左に打ち出す この5項目が当てはまります。 「たら」「れば」を言い出せば、 キリがないですが、…

パターの動作を展開すれば、アプローチ巧者になれる

2019年10月17日公開 「コントロールショット」を習得し、 アプローチ巧者になる方法を収録したDVDをリリース。 詳細は画像をクリック↓ もちろんアプローチ巧者になれば、 ショートゲームにも強くなれることは、 簡単に…

パター【クイズ】フェースの芯を外すと、どのくらいの距離をロスする?【大本研太郎プロ】ゴルフ

文中にクイズを出題していますので、 チェレンジしてみてください。 (正解も確認していただけます) パッティングの際に「距離感」 を合わせることは、 ワンパットの確立を上げたり、 パット数を減らすために必要な技術です。 距…

4.「グラビティーメソッド2」公開予告【大本研太郎プロ】

大本研太郎プロの、 グラビティーメソッド続編となりますが、 今回の内容は、 「パター」です。が… 「こうやって打ちましょう」 というような、 打ち方だけを紹介するような内容ではありません。 打ち方だけで上手くなっても、 …

3.パッティングとショットを連動させてスイングできていますか?【大本研太郎プロ】

パターからドライバーまで、 一貫した考え方で打てるのが、 大本プロの「グラビティーメソッド」の特徴です。 練習場で、 ドライバー、アイアン、パターなど クラブ別に確認事項が違ったり、 アドレスや打ち方を変えたりしていませ…