CATEGORY 大本研太郎のグラビティメソッド

パッティングのフォローは大きく?抑える?どっちで打つ?

パターの打ち方を検索してみると、 ・フォローは大きく打つ ・抑えて打つ どちらの記事も沢山出てきます。 どちらがいいのでしょうか? 日本で一番パッティングの 計測データを取っている大本研太郎プロが推奨しているのは、 「フ…

慎重に打つほどショートパットでショートする原因

ショートパットを決められない。 同組のメンバーからは、 メンタル弱い…というような言葉を投げかけられます。 ショートパットをショートしてしまうって、 悔しいやら情けないやら、やってしまった感など 何とも言えない感情になり…

パッティングはアッパー?ダウンブロー?

「パターはアッパーブローで打て!」 というような記事を見かけます。 その理由を大体の記事では、 転がりをよくするために、 ボールを順回転で転がすには アッパー軌道の方が理にかなっている。 というような内容ですが、 注意し…

アプローチの際のスタンス幅の決め方

ショットの際のスタンス幅は、 どのようにして決めてますか? フルショットの際は肩幅、 または肩幅以上… スタンス幅に決まりはないので、 プレーヤーによって様々です。 ・心地よく立てる ・バランス良く振れる ・下半身が安定…

スピンの原理の理解度がショットのレベルを上げる

ゴルフのショットで、 「曲がる」というと、 どのようなイメージがありますか? 最初にスライスを想像したとすると、 曲がるのは嫌なイメージ? それとも、フックを想像したとすると、 しっかりボールをとらえて打てる良いイメージ…

もうダフらない!

練習場やコースでのミスショットといえば… ・ダフる ・トップする ・ヒールに当たる ・思ったよりも右に打ち出す ・思ったよりも左に打ち出す この5項目が当てはまります。 「たら」「れば」を言い出せば、 キリがないですが、…

パターの動作を展開すれば、アプローチ巧者になれる

2019年10月17日公開 「コントロールショット」を習得し、 アプローチ巧者になる方法を収録したDVDをリリース。 詳細は画像をクリック↓ もちろんアプローチ巧者になれば、 ショートゲームにも強くなれることは、 簡単に…

パター【クイズ】フェースの芯を外すと、どのくらいの距離をロスする?【大本研太郎プロ】ゴルフ

文中にクイズを出題していますので、 チェレンジしてみてください。 (正解も確認していただけます) パッティングの際に「距離感」 を合わせることは、 ワンパットの確立を上げたり、 パット数を減らすために必要な技術です。 距…