初心者はアンプレヤブルを上手く使って大叩きを回避

バンカーショットのインパクトの瞬間

ゴルフコースは広大でフェアウェイだけでなく、芝の長いラフ、プレー不可能なOBや池、そしてゴルフ初心者の天敵であるバンカーなど様々なものからできています。
ただまっすぐボールを飛ばすことが出来れば、なんのストレスもなくスイングしてプレーをすることが出来ますよね。
そうはいかないのがゴルフで、どうしてももっと遠くへ飛ばしたいと考えてしまったり、いいショットを打ちたいと余計な事を考えてしまったりするため、ボールを曲げてしまいます。
ボールが曲がってしまうと林の中やライの難しい場所に飛んで行ってしまいますよね。
そういった時にどうやって打とうか迷ってしまう事はありませんか?
そんな場面で使うことが出来るのがアンプレヤブルになります。

アンプレヤブルとは何か

そもそもゴルフのルールにおける「アンプレヤブル」とは無罰で救済を受けることが出来ないが、プレーヤー自身が実際にプレーをすることが出来ないと判断した時に使うことができる救済措置のようなものです。
救済措置と聞くと無罰でボールを移動できるように思えますが、アンプレヤブルの場合、1罰打のペナルティーが科されます
なぜなら、ゴルフはあるがままのプレーをすることを基本としており、人工的に作られたもの以外は障害物とみなされていないからです。
アンプレヤブルは通称アンプレと呼ばれ、アンプレヤブルを宣言することによって、救済を受けることが出来るようになります。

アンプレヤブルの救済方法

アンプレヤブルの救済方法は3種類あります。
アンプレヤブルになってしまった地点からの打ちなおし、実際にあるボールとカップを結んだ後方線上にドロップ、そしてボールがある場所のからカップに近づかない2クラブレングス以内にドロップです。
因みに、ティーショットのボールがプレーできない場所に行ってしまい、アンプレアブルの宣言をした場合は、もう一度ティーアップして打つことが出来ます。
アンプレヤブルを宣言するかどうかはプレーヤー自身が判断できるので、どんな場面でもアンプレヤブルを宣言することが出来ます。
極端をいってしまえば、ラフにいってしまったボールを打ちたくない場合、アンプレアブルを宣言して2クラブレングス以内にドロップしてフェアウェイに移動させることもルールの範囲内なので問題はありません。
気を付けなければならないのが、2クラブレングス以内にドロップする時、元あった場所にボールが転がって止まってしまってもやり直すことが出来ません。
そのため、ドロップをする場所は気を付けましょう。

アンプレヤブルを宣言するとき

実際にアンプレヤブルを宣言するとなるとわざわざペナルティーを科されてまでもしたくないと考えてしまいますよね。
1罰打を受けるぐらいなら、実際に打った方がいいだろうし、ボールにさえ当たればなんとかなるのではないだろうかと考えてしまいます。
ただボールが木に引っ付いてしまいスタンスが取れない場面などでは、ショットを打ってしまうとボールが木に当たり、跳ね返ったボールが自分自身にあたってしまう可能性もあります。
また、木の根っこを打ってしまうと手首を怪我してしまう事もあります。
そのため、安全にプレーするためにもアンプレヤブルを宣言したほうがいいでしょう。
ゴルフ初心者の天敵であるバンカー内でもボールがアゴに突き刺さっていたり、砂の中に埋もれてしまいアンプレヤブルを宣言してボールを出したくなりますよね。
そのような時は、ボールとホールを結ぶ線上でバンカーの後方で起点を決め、1クラブレングス以内にドロップすることができます。
ただし、この場合のアンプレヤブルでは2罰打をスコアに加算することになるので、間違えないようにしましょう。

まとめ

アンプレヤブルを宣言することによって1打罰のペナルティにはなってしまいますが、無理をしてそのホールを大叩してしまうよりは1打罰で打ち直す方がはるかに効率的です。
難しい状況でチャレンジしたい気持ちを少し抑えて、アンプレヤブルを宣言することもマネジメントとして選択肢の中に入れておきましょう。

◆関連記事◆
【ゴルフルール】アンプレヤブルをわかりやすく解説

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。