パターの選びかたはどうするのが正解なの?

パターの種類が多すぎてどうやって選べばよいのか分からない。

このように思っている人は多いのではないでしょうか?

他のクラブに比べてパターは形状が大きく異なる種類が多く、いったい何を基準に選べば良いのでしょうか?

今回は特に悩むであろうパターの選び方についてお伝えしていきます。

最後まで読めば悩みが解決するかもしれません。

パターの形状の違いについて

パターは他のクラブに比べて様々な形状があります。

大きく分けると細い形のピンタイプ、かまぼこの様な形のマレットタイプ、2ボールパターに代表されるようなネオマレットタイプがあります。

長さや重さも違いますが、まずは形状による違いをお伝えします。

ピン型のような薄いタイプは、感覚をダイレクトに伝える事ができるパターです。

フェースと重心が近い位置にあるため、操作がしやすく感覚を伝えやすいのが特徴です。

速いグリーンや、ショートパットの曲がるラインなど繊細なタッチを出さなくてはいけない時には1番向いていると思います。

しかし、操作性に優れて感覚がダイレクトに伝わるので、軌道や距離感が一定していない人が使うと他のパターに比べて安定はしない形状です。

3つのタイプの中で、最もヘッド形状が大きいのがネオマレットタイプです。

大きい分、物によって形も様々です。

フェースと重心が離れた位置にあるので、感覚を重視するというより、機械的にパッティングしたい人に合っているパターです。

重心がフェースよりかなり後ろにあるので、ヘッドが勝手に前に出てパターが打ちきれない人に合っています。

薄いパターに比べて軌道が一定になりやすく、芯も広いので初心者はネオマレットタイプのパターを使うとストロークと距離感が安定してきます。

マレットタイプのパターはピンタイプとネオマレットタイプの中間のパターです。

軌道がブレるのが気になる人は、マレットタイプのパターが1番視覚的に気にならないメリットがあります。

ピンタイプは薄く角ばっているので、僅かなブレも気になります。

ネオマレットタイプは軌道が安定しやすいのがメリットですが、軌道がズレた場合ヘッドが大きい分気になります。

マレットタイプは後ろが半月の形をしているので、軌道のブレが気になりにくいのです。

パターの重量、長さについて

ヘッド形状以外にも重量や長さも大切です。

重量が重いとスピードや軌道が安定します。

反対に重量が軽いと繊細な距離感が出しやすいです。

コースによってもグリーンの速さが変わるので、どちらが良いかは何とも言えない部分がありますが、初心者は重めのパター、上級者は軽めのパターがおすすめです。

重いパターは機械的に打てて、軽いパターは自分で操作する必要があるためです。

長さは通常のパターなら32インチから35インチくらいまであります。

身長によって選ぶのが良いでしょう。

目安は前傾して目の真下にヘッドがくるパターです。

これは身長や前傾によっても変わるので難しい問題ですが、

女性であれば32インチか33インチ。

男性であれば33インチか34インチで選べば間違いありません。

まとめ

今回はパターの選び方についてお伝えしていきました。

パターはいろいろな種類がありどれを選べば良いか分からないと思います。

初心者はある程度重量があり、機械的に打てるネオマレットタイプがおすすめです。

ネオマレットで軌道と距離感に慣れてきたら、自分の感覚に合うパターを見つけるのが良いと思います。

今回紹介した以外にもパターの素材などもあるので、気になる人は調べてみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

持久系プロテイン

ビーレジェンドプロテイン「スポーツ&ウェルネス」の 詳細はこちら

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。

ABOUTこの記事をかいた人

30代ティーチングプロ ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。