TAG アプローチ

ミスショットになりにくいアプローチの打ち方と練習方法

アプローチでグリーンオンを狙う男性ゴルファー

アプローチは、グリーンまであと少しのところからのショットです。 カップも見えているところからのショットなので、ワンパット圏内までに寄せたいショットです。 しかし、その「寄せたい!」という気持ちは、どうしても緊張となり、い…

初心者に優しいアプローチ(セカンドショット)の練習クラブ

マットの上に置かれたドライバー、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ

今回は、初心者ゴルファーには優しく、アマチュアゴルファー全般で広く利用されているユーティリティクラブ(ハイブリッドクラブ)でのセカンドアプローチショットをイメージしてロングアイアンではなくユーティリティクラブでのメリット…

アプローチ練習はボールの性能にこだわると上手くなる

芝の上にあるゴルフボール

どうも短いアプローチの距離感が合わない。 この様に悩んでいる人はいませんか? 80ヤードや50ヤード位は違和感が無いけれど20ヤード以内のアプローチのイメージが湧いてこない。 短いアプローチを寄せるためにはイメージが大切…

アプローチ上達に効果的な練習ドリル

アプローチショットでインパクト直前の男性ゴルファー

どんなに上手いゴルファーでも毎回パーオンできるとは限りません。 グリーンを外した時でもパーで上がるために必要なのがアプローチの技術です。 感覚が鋭い人は感覚でアプローチをしても寄っていくと思いますが、そうでない人はドリル…

雨の日ゴルフのアプローチはチャックリに気をつけよう

雨が降っていてもゴルフを楽しむ男性ゴルファー

グリーン手前花道からピンまで残り15ヤード。 心の中では寄せワンを狙って良い感じのイメージで打ったのに実際はチャックリ。 こんな感じのアプローチをしたことは誰でもあるかと思います。 地面がぬかるんでいると晴れの日に比べて…

100切りのためのアプローチの「打ち方」と「考え方」

グリーンサイドからアプローチを打とうとする男性ゴルファー

100切りを目指す初心者ゴルファーにとって、キーポイントとなるのがアプローチです。 せっかくグリーンそばまで運んできたものの、そこからのアプローチで大きなミス。そこから、3打、4打とグリーンまわりを行ったり来たりして大叩…

【ゴルフ】チップショットが苦手な人の特徴と打ち方

チップショットが苦手な人の特徴と打ち方

あなたはグリーン周りから寄せる場合どのようなアプローチをしていますか? こう聞かれてもグリーン周りと一口に言っても状況は様々なので答えずらいかもしれません。 エッジまで3ヤードピンまで15ヤードのアプローチであればいかが…