アイアンのライン出しはどのような時に有効なのか?練習方法も紹介

ゴルフ練習場でアイアンショットをする

プロのトーナメント中継を見ていると振り切らずに途中で止めているショットを見たことがあると思います。

単純に飛距離をコントロールしている場合もありますが、多くの場合はライン出しショットをしているからです。

ライン出しショットとは何なのでしょうか?

今回はアイアンのライン出しショットについてお伝えしていきます。

この記事を読んだらライン出しショットを使いたくなること間違いなしです。

アイアンのライン出しとは?メリットを紹介

まずライン出しショットとは何なのかお伝えしていきます。

ライン出しショットとは名前の通り目標に線のように真っすぐ飛んでいくショット。

真っすぐと言ってもフルスイングに比べて弾道は低く狙いすましたショットがライン出しショットです。

スイングはハーフスイングのように途中で止まるのが特徴。

ヘッドを走らせず体の回転のみで打つコントロールショットです。

ライン出しショットをするメリットは方向性と距離感を出しやすいから。

飛距離はフルスイングに比べ出ませんが、低く狙って行くので風の影響を受けにくくプロはライン出しショットを多用します。

アイアンのライン出しショットはどのような時に有効なのか?

アイアンでライン出しショットをするのはどのような時でしょうか?

それは高さを出す必要がなくピンポイントで狙っていきたい時です。

ライン出しショットはフルショットに比べて高さが出ません。

なのでヘッドスピードによってはグリーンに落ちてからかなり転がるかもしれません。

打ち上げのホールやバンカー越えでグリーン手前にピンが切ってある場合のようなすぐに止めたい場合はフルショットの方が良いでしょう。

逆に言えばそれ以外は全てライン出しショットで構いません。

ライン出しショットは振り幅がフルショットに比べて小さいのでボールにヒットさせやすくダフりやトップのリスクを減らせます。

多くのプロがライン出しショットを多用するようにアマチュアもライン出しショットを使うとスコアアップができると思います。

ライン出しショットの練習方法

ここまでお伝えしてきてライン出しショットを使いたくなった人も多いのでは無いでしょうか?

ライン出しショットの打ち方について説明します。

ライン出しショットで一番大切なことはヘッドを走らせないことです。

短いアプローチは方向性を安定させるためにフェースの開閉を抑えて打つと思います。

あれの延長だと思ってください。

アドレスはスタンスをやや狭くしてボールをフルショットの時より少し右に置きます。

体重配分は左足に多くかけ(7割ほど)体重移動を抑えます。

グリップは多少強めに握り、スイング中握りの強さは変えないようにします。

スイング中コックを抑え体の回転だけでハーフスイングからスリークォーターの振り幅で振ります。

これがライン出しショットの打ち方です。

しっかりできれば低く打ち出されるはずです。

もし通常と同じような弾道になるようであれば、スイングをコンパクトにしているつもりでも出来ていない可能性が高いです。

一度動画をとって確認すると良いでしょう。

まとめ

今回はアイアンのライン出しショットについてお伝えしました。

フルショットよりコントロール性に優れているのがライン出しショット。

高さが出ずスピン量が少ないのですがボールに当てやすくミスになりにくいのが特徴。

プロはフルショットよりライン出しショットを多用する人が多いくらい実用的なショットです。

打ち方も簡単なのでやったことのない人は是非試してみてください。

今までグリーンに乗らなくて困っていた人はアイアンのライン出しショットを覚えればグリーンオンの確率が上がりゴルフが楽しくなると思いますよ。

 

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。