ゴルフ場で恥をかかないためにも、マナーを守りましょう

ゴルフは、ルール以外に気を付けなければならないマナーがあります。

しっかりと覚えていないと恥をかいてしまいますし、注意を受けてしまう可能性があります。

せっかくゴルフを楽しみに来たのに、プレーする前に注意を向けては悲しいですよね。

また、ゴルフをプレーする人として、知らなかったでは済まされません。

この厳しいマナーが、ゴルフは紳士のスポーツだと言われてしまっている原因ですが、覚えてしまえば特に問題はありません。

今回は第一弾として、ラウンドまでのゴルフ場のクラブハウスでのマナーをご紹介します。

クラブハウスに入場するときは!

ゴルフ場のクラブハウスに入場するときは、高級ホテルやレストランに行くときのような恰好をイメージしてください。

必ずジャケットを着用し、男性なら革靴、女性であれば革靴やパンプスを履いていきましょう。

ただしゴルフ場によっては、夏場の暑い期間は着用の義務がないところもあります。

次に、この服装はだめというものをご紹介します。

  • T-シャツ
  • ジーパンなどのデニム
  • 足の指が出るようなサンダル
  • ヒールが高い靴
  • ムートンのブーツ

これらの服装は、クラブハウスに入場するときに入場拒否されてしまう可能性があります。

クラブハウス内でのマナー!

クラブハウス内での服装にも、気を付けましょう。

クラブハウスでは、帽子・サングラスの着用は控えてください。

また、ロッカーでゴルフシューズに履き替えて一度コースに出た後は、空気が噴射されるエアーで芝や汚れを落としてから入りましょう。

夏のゴルフ場は熱く、汗をたくさんかいてしまいますよね。

暑いからと言って、首にタオルをかけたままプレーするのはもちろんの事、クラブハウスに入場するのも控えましょう。

ゴルフは、「誰にも迷惑をかけていないから大丈夫」という考えは捨ててください。

一緒にプレーする同伴者や、ゴルフ場を紹介してもらった方にも迷惑をかける行動をやめましょう。

リュックサックはNG!

ゴルフ場に行くときには、着替えやプレーで使う小物など荷物が多いですよね。

その荷物をいれるのに、リュックサックは辞めましょう。

リュックサックはカジュアルなものとされているので、ゴルフ場に行くときはフォーマルな格好を求められます。

ボストンバックは、ゴルフの大手メーカーが販売しているものは確実ですし、どのようなものでも構いません。

黒や白などは多数のゴルファーが使っていることが多いので、目立つ色や派手目のデザインのバックの方が、帰る時に間違えることなく持って帰る事が出来ますよ。

決められた場所を守る!

ゴルファーの中には、喫煙者も大勢いると思います。

タバコを吸う時は、必ずクラブハウスの外にある灰皿が設置されている喫煙所を利用しましょう。

間違っても、クラブハウスの中でタバコを吸うようなことはやめてくださいね。

ゴルフ場によっては、カートやティグラウンドに灰皿が設置されて喫煙可の場合もありますが、芝に火が移ってしまうとゴルフ場の方や他のプレーヤーに迷惑がかかってしまいます。

タバコを吸う時は、十分に気を付けてください。

また、クラブハウス内で携帯電話はマナーモードにしておきましょう。

通話する時もクラブハウスの外か、決められた所定の場所を利用するようにしてくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフ場でのプレーまでのマナーについてご紹介しました。

こうしてみると、マナーに厳しいように感じてしまいますよね。

でも、

  • 一緒にプレーする同伴者
  • ゴルフ場の方
  • その他のゴルフ場を利用するプレーヤー

に、迷惑をかけない行動をとれば問題ありません。

自分を含め、ゴルフ場を利用する誰もが気持ちよく過ごせるように、マナーを守る事はとても大切です。

マナーがしっかりしているとおのずとゴルフのスコアがよくなっていくのが速いですよ。

次回は、コースをプレーするにあたってのマナーをご紹介します。