2019年4月

1.自宅でできるパッティングの距離感を養う練習法【大本研太郎プロ】

いきなりですが、 パッティングの距離感に自信はありますか? 感覚が良い日もあれば、悪い日もある。 という感じでしょうか。 毎回同じコースに通っていれば、 グリーンにも慣れて、 距離感は合ってくると思いますが、 違うコース…

4.ショット制度を上げるにはスイングの一部分を長くする【森守洋プロ】

〇〇選手のスイングがかっこいい。 〇〇選手のように振りぬきたい。 精度の高いショットで、 スコアを縮めたい。 プロの選手のスイングに見とれたり、 憧れたりすることがあると思います。 実際にスイングを真似しようとしても、 …

大本研太郎プロフィール

大本 研太郎(おおもと けんたろう) GPC恵比寿代表 ツアープロコーチ 日本プロゴルフ協会(PGA)ティーチングプロA級 1974年生まれ。18歳でゴルフを始め、研修生、ミニツアーを経験後、2007年に日本プロゴルフ協…

11.再現性の高いグリップの握り方【桑田泉プロ】

From リアルスタイル ゴルフコンテンツ担当 川手 体が余計な動作をしたり、 スイングの軌道がズレたりすると、 「力んでるよ~」 「力抜いて~」 などと、アドバイスが飛んできますが、 「自然体」と改めて言われると、 ど…

10.スライスする原因と改善法【桑田泉プロ】

From リアルスタイル ゴルフコンテンツ担当 川手 アドレスからフィニッシュまで、 このように教えられたことはないでしょうか? ・ボールをよく見て顔を動かさない ↓ ・右に体重移動 ↓ ・ダウンスイングは下半身リードで…