ゴルフ初心者のためのアプローチの打ち方の基本

ウェッジとゴルフボール

初心者にとっては、アプローチは距離の短いショットなので簡単そうに思えるかもしれません。
しかし、小さな動きであるかゆえに正確にボールコンタクトすることが求められるので、アプローチは難しいショットなのです。
特に基本的な動きが理解できていないと、いつまでたっても上達しません。
今回は初心者がアプローチをする際に理解しておくべき、最も基本的なことについて解説したいと思います。

アプローチのアドレス

まず、初心者がミスしないアプローチを打つために、アドレスで注意すべきことは下記の3点です。
・両脚は少し間隔を開ける。
・ハンドファーストに構える
・体重は左足に9~8割
アドレスで両足をそろえてしまうと体が上下にぶれやすく、回転が不安定になるため、ダフリやトップの確率が高くなります。
少し間隔を空けることで安定した回転がしやすくなります。
ただ、間隔が広すぎてもフルスイングを比べて小さなスイングのアプローチでは回転がしづらいので注意しましょう。
また、アプローチはハンドファーストでボールコンタクトすることでミスの確率を減らすことができます。
ですから最初からハンドファーストで構えましょう。
さらに、小さなスイングのアプローチでは体重移動をする必要がありませんから、フィニッシュと同じ体重配分でアドレスします。
9~8割の体重を左足にかけるイメージです。

アプローチのダウンスイングは体の回転だけ

初心者にありがちなのが、手の動きだけでアプローチを打ってしまうことです。
ゴルフスイングの基本は体の回転で打つことですが、これはアプローチでも同じです。
アプローチはフルショットよりも小さな動きですから、体の回転で打つことをよりしっかり意識しないと手打ちになりやすいのです。
特に大切なのがダウンスイングからフォローにかけては、体の回転だけでクラブを動かすということです。
距離に応じでスイングの大きさを決め、トップの位置までクラブを上げたら、腰から肩を連動させた回転のみでダウンスイングからインパクト、フォローまで動かします。
その時に腕や手は一切動かさないイメージです。
トップで作った手首の角度もそのままにしてインパクトします。
手でクラブを振り降ろそうとすることや、腰を動かさず肩の回転だけで打つことも基本的にはNGです。
また、スイング中は体重移動を行いません。最初に左足にかけた体重はそのままで、左足股関節を中心にして腰から回転させます。
軸が傾かないように回転させることも重要です。ベルトのラインを意識して、回転すると軸がぶれにくくなります。
トップからは体の回転のみでボールにコンタクトして、その後も体の回転のみで振り抜くだけです。

ヒールアップしてクラブの先(トゥ)寄りで打つ

また、確率を高める方法としては、クラブのソールをヒールアップしてクラブの先(トゥ)寄りで打つことがダフリやトップになりにくいのでお勧めです。
ボールを高く上げるなどのテクニックを使うには、ソールを地面にピッタリつくように打つ必要がある場合もありますが、ライが悪い時などには、許容範囲が狭くなるのでミスの可能性が高まります。
いずれにせよ、アプローチをする際には、漠然と構えるのではなく、ヒールアップをどの程度するのかをしっかり意識して打つことが重要です。
練習を繰り返して自分にとって打ちやすいヒールアップの位置を探して下さい。

まとめ

安定したアプローチを打つためには、手を使わず体の回転でスイングすることが重要です。
練習を繰り返して、無意識にでも体の回転で打つことができるようにしましょう。
特に本番のコースでの緊張した場面では、手打ちになりやすいので気を付けてくださいね。

◆関連記事◆
基本的なランニングアプローチの打ち方

ゴルフコースでアプローチの距離感が合わない原因と練習方法

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。