「風TARO」の記事

ショットを打つ前に弾道のイメージをしよう

プロのように軽いフェードの高い弾道でピンそばにナイスオン。 そんな理想の弾道には憧れますが、自分ではとても打てないと、あきらめてしまう初心者の方は多いのではないでしょうか。 しかし、理想通りに打てなかったとしても、ショッ…

あなたの持ち球はドロー?フェード?持ち球とは?

テレビでプロのトーナメントを見ていると、この選手の持ち球はドローですから、このホールは打ちやすいと思いますよ、といった解説を聞くことがあると思います。 プロは、ドローかフェードの自分の基準となる持ち球を持っています。 も…

ゴルフボールの選び方。3つの種類とは?

ゴルフボールとティー

ゴルフをするのに必ず必要なものの一つがゴルフボールです。 ゴルフショップに行くと、たくさんの種類のゴルフボールが販売されていますが、その違いがいまひとつ理解できず、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょ…

ラウンド中にしてはいけない会話、“アドバイス”とは?

ラウンド中に同伴者との会話を楽しむのも、ゴルフの大きな楽しみの一つです。 しかし、ルール上、ラウンド中にしてはいけない会話があり、ペナルティになる場合があります。仲間内でのエンジョイゴルフなら、それほど厳密に対処する必要…

実は難しい!?1ヤードのアプローチ

1ヤードほどの短いアプローチは、ほんの少しだけボールを飛ばすだけなので、ゴルフの経験が少ない人は簡単そうに思うかもしれません。 しかし、打つ距離が短かいほどアプローチは難しいのです。 今回は、短いだけに失敗したくない1ヤ…

救済の処置、1クラブレングス、2クラブレングスとは?

ボールか池に入った、スタンスがカート道路にかかる、といった場合には、あるがままにショットすることが難しいですから、救済の処置がとられます。 救済の処置の選択肢の一つとしては、指定の地点から1クラブレングスが2クラブレング…

ボールが「池に入ったかも?」その時どう対処すべき?

ショットしたボールが池方向に飛んで、ポチャンと波紋を描いて池の中に入った時は、ペナルティーエリアからの救済処置がとられます。 1打罰を払うのでダメージはありますが、OBやロストボールよりはましだと、気を取り直して次のショ…