ゴルフグローブはゴルファーの必需品!正しいグローブの選び方とは?

皆さんはゴルフグローブを購入する時、しっかりと見極めた物を購入していますか?

ゴルフグローブは皆さんの手を保護してくれるだけでなく、速いヘッドスピードでスイングしてもゴルフクラブをしっかり握っていられるようになっています。

ちゃんとしたものを使っていないと、スイングした時にボールと一緒にゴルフクラブが飛んで行ってしまったなんてことになってしまいます。

今回は、ゴルフグローブの選び方についてご紹介します。

ゴルフグローブのサイズ感は!

ゴルフグローブは、メーカーによって多少サイズ感が違うので、購入する前に試着してくださいね。

グローブは一回付けたら交換というものではなく、何回も使いますよね。

そのため、グローブは使っていると伸びてくるので、少し小さめのサイズを購入することをオススメします。

ゴルフグローブの種類は!

ゴルフグローブには、

  • 天然皮革
  • 人口皮革

の2種類があります。

「天然皮革」のグローブは、柔らかい感触で素手の感覚に近いため、機能性はとてもいいものになります。

ただ、汗や水に弱く値段も高めのものが多いため、上級者向けのグローブとなっています。

一方で「人口皮革」のグローブの使い心地は、「天然皮革」のグローブには劣りますが、

  • 暑い夏に対応しているメッシュ生地
  • 寒い冬用の暖かい生地

で、できているものもあります。

カラーもカラフルで、ファッションとして楽しみたい方にオススメのグローブとなっています。

また、汗や水に強いため、何回も洗って使用することができて価格も低いため、コストパフォーマンスが高いグローブです。

様々な形のグローブがある!

ゴルフグローブは、一般的に

  • 右打ちの人であれば左手
  • 左打ちの人であれば右手

にしますが、両手用のグローブもあります。

片手のグローブだと、どうしてもグローブをしていない方の手が日に焼けて黒くなってしまいますよね。

両手のグローブだと、どちらの手も日焼けを防ぐことが出来ます。

それに、力の弱い女性の方だと、両手にしっかりグローブをしていた方が思いっきりクラブを振る事が出来ますよ。

また、ゴルフ初心者の方がゴルフをしていると、どうしても手にマメができやすいですよね。

両手のグローブだと、手の保護にもなるのでオススメです。

女性ゴルファーの方は、ネイルを楽しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく綺麗にネイルをしているのに、ゴルフグローブで見せることが出来ないのは悲しいですよね。

そんな方にオススメなのが、グローブの先が切れてネイルを綺麗に見せることが出来るグローブです。

グローブをしたままネイルを見せることができ、女性らしさをアピールしましょう。

グローブの価格は!

 ゴルフグローブは安いものだと500円程で手に入れる事が出来ますが、競技使用不可のものも販売されているので注意してくださいね。

「天然皮革」のグローブは価格が高めで、2000円程からのものが多いです。

また、両手用のグローブは当たり前ですが金額が高くなり、5000円程するものもあります。

ゴルフを始めたうちは、そこまで高いものである必要はありません。

自分の手のサイズにフィットして、気に行ったデザインのものを選びましょう。

まとめ

今回は、ゴルフグローブについてご紹介しました。

ゴルフグローブは、皆さんとゴルフクラブを結ぶ大事な部分です。

グローブが濡れてしまうと余計にグリップが滑りやすくなってしまうので、雨の日などはしっかりと多めに持っていくようにしてくださいね。

また普段のラウンドへ行くときも、いつも使用しているグローブの他に新品の予備をいくつか持っていきましょう。

練習場で使うグローブも一つではなく、いつでも使えるものを2枚ほど持っているといざという時に便利ですよ。

自分にぴったりのグローブで、ナイスショットを目指しましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。