雨の日だってゴルフを楽しみたい!いいスコアを出すには?

ゴルフは自然の中でプレーするため、自然との戦いでもあります。

雨が降っても風邪が強くても、ゴルフ場がプレーをできると判断した場合は、プレーをしなければなりません。

せっかくゴルフをプレーしに来たのですから、雨が多少振ってもゴルフを楽しんで、いいスコアで回りたいですよね。

ゴルフは、天候が良くゴルフ場の状態もいいと、確かにいいスコアを出しやすいですが、雨の日も必ず悪いスコアとは限りません。

今回は、ゴルフのラウンドで雨が降ってしまった時の攻略法をご紹介します。

とにかく無理をしない!

ゴルフの基本は、手前から攻めることです。

バンカーや池に入りそうであれば、絶対に届かない距離のクラブを選択してアプローチで寄せていくと、スコアはまとまります。

バーディーなどは狙いにくくなりますが、ダブルボギーやトリプルボギー以上の大叩きが減るため、おのずとスコアはよくなります。

雨が降った日には、いつもより手前から攻める事を意識しましょう。

ただ、雨の日は地面が柔らかくなるため、ボールがあまり転がりません。

そのため、飛距離はどのくらいボールが浮いているかのキャリーで考えると、刻んだ時に思ったより距離が残ってしまったなんて事がなくなります。

また、ミスショットをしてボールを曲げて林の中に入ってしまったときは、次のショットをいつも以上に簡単にフェアウェイに出すことを考えましょう。

間違っても、木と木の狭い間を抜けるショットを打とうとは思わないでくださいね。

また、無理にグリーンを狙ってしまってバンカーに入ってしまうと、大変な目にあいますよ。

雨の日は、バンカーの砂が濡れて固くなり、普段より脱出しにくくなります。

できるだけ、バンカーを避けてプレーしていきましょう。

力いっぱい振らない!

雨の日は、体や手が濡れてしまうため、力が入りにくくしっかりとスイングできずに、飛距離が落ちてしまいがちですよね。

また、雨の日は地面が濡れていてボールが転がらないため、余計に飛距離が伸びない原因になってしまいます。

そうなってしまうと、セカンドからの距離がいつもより残ってしまい、グリーンに乗せたいがために力いっぱいスイングしてしまってはいませんか。

雨が降っている日は、レインウェアを着ていつもより多めに服を着ているため、スイングがしにくくなっています。

普段通りに飛ばしたいとは思わず、飛距離は諦めましょう。

フルスイングではなく、大きめのクラブを選択してボールをしっかり捉える事を意識しましょう。

雨の日には、ボールが地面を転がって行ってくれないので、トップしないように気を付けてくださいね。

雨の日を楽しむ!

ゴルフは、メンタルがとても影響されるスポーツです。

そのため、皆さんの気持ちがプレーにとても反映されます。

雨が降ってしまったからと言って気持ちが沈んだままだと、プレーにも悪影響が出てスコアもよくなりません。

雨の日こそいやいやプレーをせず、ゴルフを楽しむ必要があります。

濡れたせいでミスをしてしまっても、笑顔でゴルフをプレーできていることを楽しんでください。

ラウンド中に、自分のプレーに納得がいかなくてイライラしてしまう事は誰でもありますが、普段のラウンドからゴルフを楽しんでいると、雨の日でも楽しむことが出来ますよ。

練習場の時から気持ちをコントロールすることを練習しておくと、いざという時に役に立ちます。

まとめ

今回は、ゴルフのラウンドで雨が降ってしまった時のスコアのまとめ方をご紹介しました。

せっかく楽しみにしていたゴルフは、できるだけいい状況でプレーをしたいものですが、雨が降ってしまってもゴルフを楽しみましょう。

雨の日に踏ん張ってプレーをして、いいスコアが出ると余計にうれしいですよね。

どんな状況でもゴルフを楽しみましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。