初心者必見!上手にバンカーから脱出する方法

ゴルフ初心者にとってバンカーは苦手な物であり、脱出できるまでに時間がかかってしまいますよね。

ラウンド途中にバンカーに入ってしまったら絶望感は半端ないですし、いいイメージはもてないのではないでしょうか。

ただ、コースをラウンドしている以上どうしても避けられないものですし、バンカーからナイスショットが出来たら気持ちがいいですよね。

今回はバンカーの打ち方をご紹介します。

とにかく思いっきり振る!

バンカーではボールに直接当てず砂ごと飛ばすため、思ったよりボールは飛んでいきません。

そのため、思いっきりゴルフクラブを振らないとボールは飛んでいきません。

バンカーに苦手意識がある場合に、スイング途中で緩めてしまってはいませんか?

スイング途中で緩むことによって、スイングスピードが遅くなってしまうため、ボールがバンカーから脱出できない原因になってしまいます。

バンカーでは思い切りが大事なため、バンカーに入ってしまったら、躊躇せずに思いっ切りクラブを振りましょう。

スタンスで下半身をしっかり固定すれば、スイング途中に体がぶれることなく、ショットを打つことが出来ます。

バンカー内でスタンスを構えたら、ボールをバレーボールほどの大きさだと思って、ボールの手前にゴルフクラブを入れてくださいね。

フェイスはしっかり開く!

ゴルフ初心者の方はどうしてもクラブのフェイスを開くことに抵抗がありませんか?

確かに、芝から打つのであれば、ゴルフクラブを開いてしまうと、ミスした時にトップしてしまい大惨事になってしまう事はあります。

でもバンカーは芝とは違い砂のため、ゴルフクラブをボールの下に潜り込ませることが出来ます。

また、しっかりゴルフクラブのフェイスを開くことによってボールを高く上げることができ、あごの高いバンカーからも楽に脱出できるようになります。

ボールを高く上げることが出来れば、あまり転がりにくいバンカーショットを打つことが出来るため、カップが近くても問題ありません。

ただ、ボールがあるバンカーからカップが遠い時はフェイスを少し閉じた方がいいでしょう。

考え方を変える!

どうしてもバンカーに苦手意識があると、バンカーショットを打つときに不安な気持ちになってしまい、ミスを引き起こしてしまいます。

そのため、バンカーに入ってしまったら落ち込むのではなく、何とか脱出する方法を考えましょう。

普段のフェアウェイからのショットもなかなかうまくいかないのに、バンカーショットの目標を高く設定していませんか?

バンカーからのショットの一番のミスは、ショットを打った同じバンカーからまた打つあとです。

そのため、バンカーからホームランをしてしまったとしても、そのバンカーからは脱出できたので、よしとしましょう。

バンカーに入ってしまったら、グリーンに乗せることやカップに近づけることを考えるのではなく、とにかくバンカーからボールをだす事だけを考えましょう。

フェアウェイバンカーからは!

バンカーはグリーン周りにだけあるものではありませんよね。

ティーショットから打つとちょうど入るのではないかという距離にウェアフェイバンカーが設置されています。

フェアウェイバンカーからはグリーン周りのバンカーとは違い、ボールの手前を打ってはいけません。

しっかりとボールを捉える事ができるとナイスショットになりますが、トップしてもいいやという気持ちでショットをしてくださいね。

また、アイアンなどではなくフェアウェイウッドなどヘッドの大きいクラブでショットを打つとクラブが砂の上を滑って打ちやすいですよ。

まとめ

今回は多くのゴルフ初心者の方が苦手意識を持っているバンカー脱出方法についてご紹介しました。

バンカーに入ってしまっても苦手意識を感じるのではなく、楽しみましょう。

練習の気持ちで楽にショットしてくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。