アイアンのスイングがダウンブローに変わるタオルを使った練習方法を紹介

アイアンとゴルフボール2個

練習器具がいろいろあり過ぎてどれを選べばよいか分からない。
このような悩みを抱えているゴルファーはいませんか?
ゴルフの練習器具はいろいろあって悩みますよね。
自分に合った練習器具を使えば悪い動きが修正できてスイングが良くなります
ところで質問ですがタオルを使った練習はしたことありますか?
もしタオルを使った練習をしたことがないのであれば練習器具を買う前に試してみてはいかがでしょうか。
今回はタオルを使ったアイアン練習方法を紹介していきます。

タオル素振りは腕の力を抜くのに最適

タオルを使った練習の定番中の定番タオル素振り。
昔スポーツ系の部活をしていた人はタオルで素振りをした人も多いのではないでしょうか。
私の学校では野球のピッチャーやバドミントンなどはタオルを使って素振りをやっていた記憶があります。
ゴルフでタオル素振りをする場合、タオルの先端を結んで行いましょう。
この状態で素振りをすればタオルの結び目の重さを感じながら力まずにスイングをすることができます。
切り返しで力が入りすぐにリリースされる人には効果的です。
切り返しがゆっくりになるのでしなりを覚えられ自然なタメを覚えることができます
タオル素振りはゴムホースのような練習器具と同じ効果があります。
スイング中、上半身が力んでしまう人におすすめなのがタオル素振りです。

両脇にタオルを挟んでスイング

両脇にタオルを挟んでスイングをすると体と腕の一体感を身に付けることができます。
両脇にタオルを挟んでいるので腕だけで振るとスイングが極端に小さくなります。
腕を使わずにバックスイングでは胸を右に向けて、ダウンスイングでは胸を左に向けます。
このドリルをすれば腕だけで振らなくなり一体感をもった体の回転でスイングする感覚を覚えることができます
気を付けたいのがデメリットもあることです。
フルスイングでこのドリルをやり続けると腕を上げられない分スイング軌道がフラットになってきます。
トップが大きすぎて悩んでいる人には効果的ですが、フラットになると球が上がらなくなるデメリットがあるので注意してください。
ハーフスイングまでにすれば問題ないのでトップをフラットにしたくない人はハーフスイングで練習しましょう。

タオルをボールの後ろに置いてダウンブローで打つ感覚を身に付ける

ボールの後ろにタオルを置いて練習するのもおすすめです。
練習場ではナイスショットをするのにコースでダフっている人におすすめの練習方法です。
練習場のマットは滑るので多少ダフってもナイスショットになるためコースに出るとダフるという現象になります。
タオルをボールのすぐ後ろに広げて置けばダフるとタオルに当たるのですぐに分かります。
この練習を繰り返すことでダウンブローに打つことができるようになります
アイアンの基本はダウンブロー。
ダウンブローで打つことができれば最適なスピン量でボールは遠くに飛んでいきます。
普段球が高く上がるばかりで飛距離が出ない人はダウンブローで打てていない可能性が高いです。
ダウンブローの練習をすれば強い球になるはずです。
ハンカチで代用すると打った時に飛んで行ってしまうので、大きなタオルを使って練習することをおすすめします。

まとめ

今回はタオルを使ったアイアン練習を紹介しました。
タオルならどこの家にもあるので気軽に練習ができます。
特に最初に紹介したタオル素振りであれば家の中でもできるドリルです。
タオルも使い方次第でゴルフの練習器具になるので、どの練習器具にしようか悩んでいる人は今回紹介した練習をしてみると良いですよ。

◆関連記事◆
アイアンショットの再現性と飛距離がアップする素振り練習法

タメのあるダウンスイング習得はアイアンでゆっくり振る練習がおすすめ

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。