ラウンド初心者の方必見!覚えておいた方がいいルールとは?

ゴルフのルールブックを見たことはありますか?

かなり分厚く、読むのも一苦労ですよね。

ゴルフをプレーするのであれば、ルールをしっかり把握しておかなければなりませんが、プロゴルファーでも全部完璧に覚えている人は少ないです。

また、ルールは毎年少しずつマイナーチェンジされるため、毎年確認が必要になってきます。

今回はゴルフのラウンド初心者の方のための覚えておいたほうがいいルールをご紹介します。

OBは一打罰!

初心者の方はボールをまっすぐフェアウェイに置くことは難しいですよね

右や左に飛んで行ってしまい、OBになってしまう事もよくあるはずです。

そのためOBになってしまった時の対処方法はしっかりしておきましょう。

ティショットでOBを打ってしまった場合は、次のショットが3打目からになります。

数え方がわかりにくい場合は、実際にボールを打った打数にプラス1をして数えましょう。

またOBを打ってしまい、もう一度打ちなおす場合には「暫定球」という言葉をしっかり言いましょう。

もし、最初に打ったボールがOBで無かった場合に「暫定球」と言ってなかったら、打ちなおしたボールを使用しなければなりません。

ゴルフ場によっては、ティショットでOBになってしまった時に、特設ティが設置されているところもあります。

特設ティを使用する場合は4打目からのスタートになります。

初心者の方は特設ティを利用した方が、スコアがよくなる場合の方が多いので、OBを打ってしまったら特設ティを使用する事をオススメします。

池に入ってしまったら1打罰!

ボールが池に入ってしまった場合もOBと同じで実際に打った打数にプラス1打をしてスコアを数えてください。

ただ、OBと違う事は対処方法がいくつかあるという事です。

池に入ってしまったショットを打った場所からもう一度打ちなおす、池に入ったと思われる場所から2クラブレングス以内にドロップして打つ、池に入ったと思われる場所とピンの延長後方線上から打つ、そして池の中からも打つことが出来ます。

できるだけ前から打った方が、スコアがよくなる可能性があるため、池の近くから打てる方法を選択しましょう。

空振りはペナルティーなし!

ゴルフコースと練習場では状況が全く異なるため、ラウンドで空振りしてしまう事はありますよね。

安心してください、空振りをしてもペナルティーはありません。

ただし、空振りも1打と捉えられるので、できるだけ空振りをしないようにしましょう。

ティグラウンドでもし空振りをしてしまった場合に、ボールがティから落ちてしまっても、ペナルティーなしでもう一度ティアップして打ちなおすことが出来ます。

この場合は1打目ではなく、2打目になるのでスコアには気を付けて下さね。

バンカーから脱出できない場合!

ゴルフをしている方は特にバンカーが苦手という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

バンカーに入ってしまったために、出るまでボールを打ち続け、悲惨なスコアになってしまっては悲しいですよね。

2019年に、ゴルフのルールが大幅に改定され、2打のペナルティーを払って、バンカーの外から打てるようになりました。

カップとボールを結んだ後方線上から1クラブレングス以内にドロップして、止まった場所から打つことが出来ます。

バンカーが苦手でどうしようもない場合は利用してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、ずっとペナルティーを払っていては上達もしません。

バンカー練習もしっかりするようにして、苦手意識をなくしましょう。

まとめ

今回はゴルフ初心者の方が覚えておいた方がいいルールについてご紹介しました。

ほんの一部しかご紹介していないので、気になったものがあったらぜひルールブックをチェックしてみてくださいね。

ゴルフのルールを覚えて、楽しくゴルフを出来るようにしましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。