梅雨(雨天)時期のラウンド注意点とは?

読者のみなさん、こんにちは!

さて、ゴルフをするには良い時期になって来ましたが、日本でゴルフプレーする醍醐味は四季折々の中でプレーできる事もありますね。

  • 桜咲くコースでのプレー
  • 紅葉の中でのプレー
  • 山間コースでのプレー

など、なかなか外国のコースでは味わう事がありません。

その中で、梅雨時期のラウンドは如何でしょうか?

蒸し蒸しした中で雨も降っていると、スタート前はちょっとナーバスになりませんか。

筆者も経験ありますが、雨天時のスコアは決して褒められたものではありません。

今日は、梅雨時期のプレーでも雨でミスしないための心構えや持ち物を考えてみたいと思います。

雨中プレー時の心構えとは?

雨中プレーですが、一言で言ってしまえばメンタルのコントロールを晴天時と変わらずに出来るかです。

言葉では簡単ですが、これは実際には難しいですよね。

みなさんも経験あると思いますが、雨に長く濡れたくないが為に、リズムが早くなる事ありませんか?

加えて、いつもやっているルーティン作業も疎かになったりする。。。

実は、これが一番課題です。

リズムが早くなると、手打ちになります。

特に、長いクラブを握る時は注意ですね。

雨の日のドライバーはただでさえ距離も出にくいので、出だしから右左に行くと気持ちも滅入ってしまいます。

注意点は、晴天時と変わらぬリズムでゆったり振る事。

いつもより、ゆったり振るイメージです。

ルーティンも、欠かさずに実行しましょう。

出来れば、振る直前まで自分は多少濡れても、クラブのグリップは濡らさないように。

そして、なるべくグリップを上側にして持ち歩きましょう。

後は、持ち物です。

タオル

どうしても晴天時より荷物は増えますが、特に乾いたタオルを複数用意したいです。

  • 小さめのタオルはポケット
  • 大きなタオルはキャディバッグ

の中に。

特に、大きなタオルは複数あると重宝します。

大きめの傘の骨組みの部分に、内側からかけて使用すると便利ですね。

少し面倒ですが、スイングする前に大きなタオルで、一度グリップの水分を拭き取りましょう。

ソックス

意外な盲点は、シューズでしょうか。

どうしても足元から水が入り、身体全体が冷えてしまいます。

シューズの替えまでは必要無いですか、ソックス(靴下)の替えは持参しましょう。

また、可能ならグローブの替えがあると良いです。

前後半で、ソックスと合わせて替えてプレーがお勧めです。

キャップ

必須アイテムとしては、キャップ(帽子)ですね。

防水スプレーを施せれば、尚良いです。

キャップは、保温効果もあります。

夏場に向かう現在でも、身体の先が雨で濡れると冷えてきていつもと違う指先の感覚になってしまいますから、気をつけましょう!

レインウェアも必要ですが、スイングで気になる人も多いようです。

筆者は、上半身のレインウェアは二の腕から着脱出来るものにしています。

好き嫌いはありますが、上半身のレインウェアがスイング時に気になる方はご参考まで。

自然のままにプレーする

こう考えると、身体の中で首と呼ばれる部分(首、足首、手首)からその先を雨で冷やさないようにすることが重要なようですね。

ゴルフの原型でそもそものスタイルは、自然のままにプレーすることです。

プロは、全英オープンなどでリンクスでの雨天荒天の悪条件の中でも、しっかりプレーしています。

雨中のゴルフに、気持ちが乗らない事もスタート前にあります。

が、自然共生の根本的なゴルフ理念を思い返してプレーし、雨天でも楽しむ事を意識する事で、スコアメイクで重要なメンタルコントロールに繋がるのではないでしょうか。

雨天でも変わらぬスコアメイク。

頑張りましょう!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。