アイアンで振り切る練習をしていないと体が回らなくなるので注意

アイアンは狙うクラブ。

プロゴルファーがコントロールショットをしているのを見てライン出しばかり練習している人がいます。

実際プロゴルファーは最後まで振りぬかずに途中でクラブを止めるショットも多くします。

しかし、止める練習ばかりやるのは注意が必要。

今回はアイアンで振り切る練習をした方が良い理由についてお伝えします。

アイアンで振り切る練習をするメリット

アイアンで振り切る練習をするメリットをお伝えします。

 

・飛距離が出るようになる

・クラブの軌道が良くなる

・体が柔らかくなる

 

このようなメリットがあります。

1つずつ説明していきます。

飛距離が出るようになる

アイアンで振り切る練習をする1番のメリットは飛距離が出るようになるからです。

振り切った時と止めた時ではヘッドスピードに差が出ます。

当然振り切った方がクラブを速く振れるので、その分飛距離が出るでしょう。

振り切るためには体の回転を止めないことです。

トップからフィニッシュまでしっかり体を回して、腕の力が抜ければクラブの遠心力が効いて首に巻きつきます。

逆に振り切れない人は体に無駄な力が入っている人です。

特に上半身に力が入ると体の可動域が狭くなりインパクトで打ったら終わりのスイングになりがち。

これでは飛距離が出ないばかりか、体を痛めることもあります。

正しい力の配分は、軸がズレない程度に下半身に力を入れ、上半身は脱力することです。

下半身リードと言う言葉があるように、ダウンスイングは下半身で引っ張り上半身は下半身に遅れて付いてくるのが正しいスイングとなります。

クラブの軌道が良くなる

アイアンで振り切る練習をするとクラブの軌道が良くなります。

振り切れるというのはバランスが良くなること。

バランスを崩したスイングではフィニッシュまで振り切ることができません。

クラブの軌道が極端なアウトサイドイン、もしくはインサイドアウトの人はバランスが崩れないようにするためスイングが途中で終わっています。

このような場合、大きなフィニッシュを決めてから、そこまで振り切るように練習するとクラブの軌道が良くなってきます。

当然、クラブの軌道が良くなれば球の曲がりも少なくなり狙った場所へ運ぶのが簡単になるでしょう。

体が柔らかくなる

振り切るにはある程度体の柔軟性が必要です。

体が硬くなってくればスイングは途中で終わってしまいます。

スイングが途中で終わると、ヘッドスピードが出ないことに加えインパクトゾーンも短くなりゴルフにとってデメリットでしかありません。

体が回らないからと打って終わりのスイングを続けていると、更に体は硬くなってきます。

しかし、体が硬くてもフィニッシュまで振り切る練習をしていると、だんだん体が柔らかくなりスイングが大きくなってきます。

特にゴルフを始めたての初心者や、体が硬くなってくるシニアの人には振り切る練習をおすすめします。

まとめ

今回はアイアンで振り切る練習をすることによって得られる効果を紹介しました。

アイアンを振り切る効果は主に3つ。

飛距離が出ることと、スイング軌道が良くなることと、体が柔らかくなることです。

もしこのようなことで悩んでいるのでしたら振り切る練習をするのがおすすめです。

今までスイングを途中で辞めていた人からすると感覚が変わって難しいかもしれませんが頑張りましょう。

ただ、無理して振り切ると体を痛める可能性があるので、いきなり最後まで振り切るのではなく、徐々に振り切るようにした方が無難です。

振り切るようになれば見た目も綺麗になるのでおすすめですよ。

最後までご覧いただきありがとうございます。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。