ゴルフ初心者必見!正しいドライバーの選び方とは?

ゴルフコースは18ホールからできており、基本的にはパー72のコースがほとんどで、中にはパー70から74のゴルフコースもあります。

その18ホールのうち、アウトホールとインホールで各2つずつショートホールがあるため、全部で4ホールはティーショットでアイアンやウッドを使いますよね。

そのため、残りの14ホールのティーショットでドライバーを使うため、ホール初めてのショットでミスは避けたいものです。

ただ、ドライバーはたくさんの種類があり、どういったものを選べばいいかわからないですよね。

今回は、そろそろドライバーを買い替えようと思っている方のための、正しいドライバーの選び方をご紹介します。

現状の悩みを知る!

今現在使っているドライバーで満足しているのであれば、ドライバーを買い替えようとはならないはずです。

ドライバーを買い替えようと思っているのであれば、現状のドライバーに不満があるからですよね。

よく出るミスを把握して、そのミスを解消できるようなドライバーを選びましょう。

ただ、練習場とコースでは状況が違うため、コースでよくでるミスを考えてくださいね。

練習場でナイスショット出来ても、コースでできなければ意味がありません。

ボールが曲がって悩んでいる方は!

多くのゴルファーが、スライスで悩んでいるのではないでしょうか。

日本人は右利きの人が多いため、右手が左手に比べて力が強くなってしまいます。

そのため、ボールを捉える時に右手に力が入って邪魔をしてしまい、ボールにスライス回転が掛かってしまいます。

残念ながら、絶対に曲がらないドライバーは存在しませんが、スライスを軽減させる方法はあります。

スライスの原因は、クラブがボールに当たる時に右を向いてしまっていることにあるため、初めからドライバーのフェイスが左を向いているものがオススメです。

また、ドライバーヘッドに錘を自分の好きなように付けられるものもあります。

ドライバーヘッドの先が重くなるようにすると、ボールに当たる時にまっすぐ当たるようになりますよ。

鉛は自由に変えることができるので、違った悩みが出てきたら、重さを好きに変える事が出来ます。

また、シャフトが硬すぎると振り遅れてしまい、ボールがスライスしてしまう原因になってしまいます。

フックでお悩みの方は、逆の事をしてみてくださいね。

飛距離が出なくなってきた方!

ドライバーの魅力は、ボールが遠くまで飛んで飛距離が出る事ですよね。

一緒に回っている同伴プレーヤーより飛ばすことが出来たら、気持ちがいいものです。

ただ、年齢を重ねていくと、昔のようにクラブが振れなくなり、飛距離が落ちてしまってはいませんか?

そんな方は、今お使いのドライバーより軽いものを選びましょう。

ドライバーの重さを軽くすることで、今より振れるようになります。

振れるようになると、ヘッドスピードが上がり、おのずと飛距離が上がるようになりますよ。

また、シャフトも少し長いものにするのもいいでしょう。

ただシャフトを長くすると、スイングのタイミングが取りにくくなるので、注意してくださいね。

ヘッドのロフト角を上げるのも、一つの手です。

ボールが上がりやすくなってキャリーが出やすくなるため、飛距離が出るようになります。

ただ、ボールの上がりすぎには注意してくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフのドライバーの選び方についてご紹介しました。

ゴルフは、コース最初のショットであるティーショットでミスしてしまうと、モチベーションが下がってしまいますよね。

ドライバーは自分に合ったものをしっかりと選んで、ナイスショットから始めましょう。

ゴルフクラブを購入するときは、必ず試打をしてからにしてくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。