アイアンを練習する時はボールの位置に気をつけよう!

アイアンのフェースの向きとゴルフボール

昔はアイアンが得意だったのに最近アイアンが上手く当たらない。

そもそもボール位置が分からない。

このように思っている人はいませんか?

ゴルフを上達させようとスイング改造している人は多いと思いますが、意外とおろそかにしているのがボールの位置です。

今回はアイアンのボール位置についてお伝えします。

この記事を読めばボールの位置について詳しくなりますよ。

アイアンで正しいボールの位置とは?

ゴルフのスイング作りに最適なアイアン。

多くの人はアイアンでスイング作りをすると思います。

正しい向きとボールの位置で練習していないとスイングを壊すので基本を覚えましょう。

まず大切なのは目標に対して平行に立つことです。

よく目標にスタンスを向ける人がいますがこれは間違いです。

体とボールの距離があるので線路のイメージで目標に対して平行に立つのが正解。

目標に対して平行に立てたら次は左右のボールの位置です。

ボールの位置は体の中央より左にします。

これはかなり重要です。

コースでは中央より右にすることもありますが、練習では左にするべきです。

その理由は後で説明します。

ウェッジでは体の中央で長いアイアンほど左になります。

前後のボールの位置も重要。

前傾をしてアドレスをとった時に足裏全体に体重を感じます。

肩から両腕をだらりと下げた場所でクラブを握ります。

正しくできると体とグリップの間に拳1個は余裕に入る空間ができるはずです。

グリップをしてクラブヘッドがついた位置が正しいボールの位置となります。

スイングを見直す前に正しいボールの位置になっているかチェックしましょう。

アイアンのボールの位置は中央より左の位置で練習しないとスイングが悪くなる?

なぜ正しいボールの位置で練習しないとスイングが悪くなるのでしょうか?

まずは左右のボールの位置から説明していきます。

正しい位置であれば良いのですが、ボールの位置が右にあると体重が左に乗りません。

ボールが右にあるとバックスイングで体重が右に乗りダウンスイングで右足体重でも打ててしまいます。

最初は良くても体重が左に乗らないので飛距離が落ちてきます。

ダフリやトップも出るようになるでしょう。

ボールが中央より左にあればダウンスイングで左に乗らなくては当てることができないので、自然と正しい体重移動やハンドファーストのインパクトが身に付くのです。

ボールとの距離が適正でないのも問題あり

ボールの距離もスイングに影響を与えます。

わかりやすいのがシャンクをする人。

シャンクをする人の多くはボールに近すぎます。

アドレスでボールに近い人は踵体重になっています。

踵体重のままスイングできれば同じ場所に戻ってくるのですが、スイング中少しでも体重が前に出るとシャンクするのです。

もしシャンクしないとしても前傾が起き上がりながら調節しようとします。

反対にボールの位置が遠すぎても問題があります。

ボールが遠い人は前傾角度が深すぎます。

前傾角度が深いとハンドダウンになるためボールが左に飛ぶのです。

正しいボールの位置であればバランスよく振れるのでスイングが良くなるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

多くのアマチュアはボールの位置よりスイングばかりに目がいく傾向があります。

どんなに良いスイングでもボールの位置を間違えていたら正しく飛ばすことはできないでしょう。

ボールが右にあれば体重が右に残ったインパクトになりますし、左にありすぎても腰がスライドして回転をしにくくなります。

ボールの位置が体から近すぎるとインパクトで体が詰まるので様々なミスを引き起こします。

ボールの位置が遠すぎても体を動かしにくく最大限のパフォーマンスは出せません。

このようにボールの位置1つでスイングも変わっていくので練習する時は気をつけましょう。

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。