初心者も知っておくべき2019年改正後のグリーン上のルール

2019年にゴルフのルールに関しての大幅な改正がありましたが、特にグリーン上に関するルールについては大きな変化があります。

いろいろなルールがあるグリーン上では、ある程度の経験者でも正しいルールを理解していないこともあり、特に改正前のままのルールで理解している人も多いのではないでしょうか。

最近ゴルフを始めた初心者の方も、2019年以前と以後のルールの違いを把握して、正しいルールの理解が深めましょう。

旗竿を立ててパッティング

まず、大きな変更点の一つは、グリーン上からでもカップの旗竿を立てたままパッティングできるようになったことです。

改正以前はグリーン上からパットする際には、必ず旗竿を抜かなければなりませんでしたが、改正後は、旗竿を立てたままパッティングすることができるようになりました。

グリーンの遠い位置からのパットする時には、同伴者やキャディさんに旗竿を抜いてもらうことや、カップ位置を確認するために旗竿を持ってもらうこともあり、そのためにプレーが遅れることがありましたが、旗竿を立てたままにすることで余計な時間がかかることが少なくなりました。

最初のうちは、旗竿が邪魔をして、ボールがはじかれたりするのでは、といった心配をしたゴルファーも多かったのですが、設計上は邪魔をすることはなく、むしろ強めのパットをした時には旗竿に当たったほうが、カップインの確立が高いという説もあり、現在では気にする人も少なくなりました。

ただし、グリーンの傾斜がきつい場所や、風が強い時で、旗竿がカップに対して斜めにささっていると、カップインの邪魔をする時がありますので注意しましょう。

もちろん、旗竿を抜いてパッティングすることも可能で、実際に多くのツアープロは、いまでも旗竿を抜いてパッティングしています。ただ、アマチュアの場合はプレーファーストの観点からは、なるべく立てたままの方がよいかもしれません。

グリーンの修復が可能に

旧ルールでは、グリーン上ではボールマーク跡しか修復することができず、スパイクマーク跡など損傷や動物の足跡などがあっても修復は禁止されていました。また、パッティングのライン上のグリーン面に触れることも禁止されていて、かなり神経を使ったものですが、新ルールではこれらの文言は削除されました。つまり、新ルールでは、パッティングライン上でもどこでも、グリーンに触れることは問題ありませんし、動物や人工的にできた損傷はすべて修復できるようになったのです。

ただし、芝の生育がまばらな部分など自然にできた損傷の修復はライの改善に当たり、認められていないので注意しましょう。

ボールが動いても無罰でリプレイス

旧ルールではグリーン上にボールをリプレイスした後に、うっかりボールやボールマーカーを動かした場合にはペナルティが課されてました。

新ルールでは、リプレイス後のボールが自然に動いた時や、プレーヤーがうっかり誤って動かした時でも、さらに故意に動かしたとしても、無罰で元の位置にリプレイスすることができます。

また、キャディや同伴者がうっかり携帯品を落とすなどしてボールを動かしてしまった場合でも、元の位置に無罰でリプレイスできます。

つまり、原因が何であろうと無罰で元の場所に戻せるようになりました。

まとめ

ルール改正前までは、グリーン上は厳しい制約があり、かなり神経を使う場所でした。ルール改正の結果、これらの制約がほとんどなくなり、思わぬところでペナルティが課させることも、ほとんどなくなりました。ただし、マナーとして同伴者に迷惑をかけないプレーを心がけると共に、美しいグリ

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。