アイアンでダフる原因(バックスイング編)

ゴルフのミスの中で最も多いのが「ダフり」という、
ボールの手前を打つというミスです。

これがどうして起こるのか、
それをどうやって直るのかについて解説を行っていきます。

まず、ダフる原因として一番最初に考えられるのは、
コックがほどけてしまってボールの手前に当たってしまう、という状態です。

これは当然ダウンスイングでコックをほどいて下ろしてくれば、
最初の構えた位置よりも速く、手前にクラブヘッドが当たってしまうわけです。

ダウンスイングに入ってきた時に
コッキングをほどかないで下ろすことは重要になります。

これはただ単に「タメ」というわけではなくて、
ダウンスイングのほうがコックが深くなるようなイメージで下ろします。

理由はどうしても
ダウンスイングの遠心力でコックをほどこうとするからです

ダウンスイングの方がコックが深くなる
というイメージを持って振るようにしてください。

それからもう一つダフる原因として考えられるのは、
右肩が極端に落ちてしまう

そして手前をダフってしまうということがあります。

これは、前傾姿勢に加えて身体の回転で
右肩が下がりすぎてしまう場合に起こる現象です。

このスイングをする方の多くは、バックスイングをした際に
左の肩があごの下に入ってこないという方が多いです。

もしくは、手だけでバックスイングを上げている。

ダウンスイングは右サイドの空間を使わないと、
ボールを打てません。

バッグスイングで肩が回らない、もしくは左肩が下がらない場合は
右サイドを下ろして振らないと打てないわけです。

ダフる場合はバッグスイングのトップにきた時に左肩をしっかり下げて、

深い捻転を意識しましょう

ダフらないためにはバッグスイングで左肩を上げたり、
あるいは肩の入りが浅くならないようにする。

しっかりと前傾に沿って左の肩を下げてトップを作る。

ダウンスイングではトップからコックが深くなって、
できるだけインパクトまでほどかないイメージ振り切りましょう。

このようなイメージでスイングをすることによって
ダフリが少なくなってくると思うのでで、ぜひ行ってみてください。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題