プロ直伝。アプローチに効果的な練習方法を紹介

アプローチさえ上手くできればスコアが良くなるのに。

このように考える人は多くいると思います。

実際ゴルフが上手い人はアプローチが上手いです。

ショットが上手く行かなくてもアプローチでカップの近くに寄せてスコアをまとめる技術を身に付ければゴルフが更に上達するはずです。

今回は実践に役立つアプローチの効果的な練習をお伝えしていきます。

この記事を読めばアプローチの練習内容が変わるかもしれません。

アプローチを効果的に練習する方法

ゴルフ場では様々な状況でアプローチをすると思います。

花道からの上り傾斜のアプローチやラフからのアプローチ。

山岳コースにいけば傾斜からのアプローチだってあるはずです。

そのような様々な状況に対処するためには経験が必要。

できることであれば毎日のようにゴルフ場に行って練習をするのが理想ですが、実際はそのようなことができるのは限られたごく1部の人だけです。

多くの人は芝から練習ができずにゴルフ練習場のマットの上からしか練習する機会がないかと思います。

マットの上からでも色々工夫することで実践に役立つアプローチを身に付けることができます。

工夫すれば色々なアプローチを覚えることができますが、マットの上から練習するなら距離感の練習を多くするのがおすすめです。

 

距離感を覚える前にまずは全ての基本となる体と同調したアプローチを覚えましょう。

よく短いアプローチを手先だけで打つ人がいますが、これでは安定しません。

リリースを早めたり、インパクトで力を入れたり、手首の角度を変えて打つと振るスピードとフェース面が安定せず狙った場所に止めることが難しくなります。

体の回転を止めずに体が動くことで腕も勝手に動くようにすれば、インパクトでこねることがなくなりアプローチが安定します。

アプローチは短い距離を練習するのが効果的

アプローチと言っても50ヤードのような距離が長いアプローチもあれば5ヤードなどの距離の短いアプローチまで様々です。

当然70ヤード、50ヤード、30ヤードなどの打ち分けの練習も必要ですが、それ以上にグリーン周りの短いアプローチを練習した方がスコアアップにつながります。

なぜなら30ヤード以上からは寄せワンすることが難しく練習して精度が上がったからといってもスコアに直結しないことが多いからです。

このような打ち分けができない人のために簡単にコツをお伝えします。

距離の打ち分け方は、インパクトの強さではなく振り幅で調節します。

同じリズムでグリッププレッシャーを一定にして振り幅だけを変えることで簡単に距離を打ち分けられるので試してみましょう。

 

30ヤード以上離れた場所からは2パット圏内に乗せられる技術があればスコア的に見るとそれ以上は対して変わりません。

ですが30ヤード以内のアプローチならそこまで難しくない為、練習すればしただけ結果が変わってきます。

特にキャリーが10ヤード以内のアプローチ。

トータル距離で言うなら20ヤード以内のアプローチです。

この距離はコースでも残ることが多く、寄せワンを取れるかどうかでスコアは大きく変わってくる大事なアプローチです。

10ヤード以内のキャリーならコックも意識せずに体の回転だけを意識すれば良いので技術的にも易しいアプローチ。

この距離を多く練習するのがスコアアップに効果的なアプローチの練習と言えるでしょう。

まとめ

今回は効果的なアプローチの練習についてお伝えしました。

練習場でアプローチの練習をする場合、何種類も練習するよりかも簡単な方法で短い距離を練習した方がスコアアップにつながります。

グリーン周りから寄せワンが増えるとゴルフが楽しくなってくるので、短い距離のアプローチを多く練習すると良い結果になると思いますよ。

是非試してみてください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。