ドライバーの朝一ショットを失敗しないコツを紹介します

女性ゴルファーのスイング

みんなが見ている中の朝一のティーショットは緊張しますよね?

ナイスショットすれば安心しますがミスショットだと恥ずかしくてすぐにその場を離れたいと思う人は多いはずです。

ドライバーで打つ朝一のティーショットはプロでも緊張します。

緊張しているものの、プロはそれなりのショットを打っているはずです。

なぜアマチュアのようなミスをしないのか?

今回はドライバーの朝一ショットを失敗しないコツを紹介します。

この記事を読めば今までとは考え方が変わるかもしれません。

ドライバーの朝一ショットで失敗する人のパターン

ドライバーの朝一ショットのコツを紹介する前に失敗する人のパターンを見ていきましょう。

朝一のドライバーを失敗する人はこのような傾向があります。

 

・練習していない

・思い切り振っている

 

大抵の場合この2つのどちらかに当てはまります。

まず練習していない人は、そもそもドライバーが成功する確率が低いのは誰でも分かると思います。

練習といっても普段の練習と当日の練習があり、普段から練習していないのにコースでは上手くいくなんて虫の良い話はそうそうありません。

朝一のドライバーはプロでも緊張するものです。

どのプロも何気なくナイスショットしてスタートしているように見えるかもしれませんが、朝一のドライバーを打つ前にウォーミングアップをしっかりしています。

できる事なら、ゴルフ場にはスタート時間の1時間前には到着して、ストレッチや練習場で体を温めてからスタートしましょう。

このような準備をしておけば体がスムーズに動き朝一のドライバーで失敗する確率を下げることができます。

朝一から思い切り振っている人もドライバーを失敗する傾向があります。

練習して体が温められれば良いのですが、練習場がなかったり、スタートまでに時間があまりなく練習場にいけない場合もあります。

そのような場合は思い切り振り回さない方が良いと思います。

ドライバーの朝一ショットを成功させるコツ

それでは朝一のドライバーを成功させるコツを紹介します。

1番大切なことは動ける体でドライバーを打てるかどうかです。

ゴルフもスポーツです。

準備運動無しでは思う様にパフォーマンスを発揮できません。

最低でもストレッチなどをして体を温めてしっかり動けるようにしてからスタートしましょう。

普段通りのリズムを心掛けて、力を抜いて振るのがナイスショットをするコツです。

これは朝一だけではなく全てのショットに言えることです。

練習場で打っているのと同じリズムや力感で打てればナイスショットするはず。

そうは言ってもゴルフコースは広いホールもあれば、狭いホール、片側がOBや崖になっているなど、様々です。

朝一のティーショットではいきなり100%を求めず次のショットが打てる場所にあれば良い位に考えるのがおすすめです。

そのように考えればバランスを崩すほど思い切り振り回すことも無くなり、ナイスショットの成功率が上がるはず。

練習で曲がるならスライス、もしくはフック。

短く握って曲がりにくい低いボールなどを練習しておくと、大きなミスになりにくいのでこのような練習をやっておくとスコアアップに繋がるので参考にして下さい。

まとめ

今回はドライバーの朝一ショットを失敗しないコツを紹介しました。

準備運動をしっかりしたプロでも緊張する朝一のドライバーショット。

なにも準備をしていないのにナイスショットが出るはずもありません。

まずはゴルフ場に早めに着いて、準備をするのが大切です。

そのうえで、バランス良く普段の練習でやっていることを心掛ければ朝一のドライバーで失敗する確率はグッと下がると思いますよ。

 

持久系プロテイン

ビーレジェンドプロテイン「スポーツ&ウェルネス」の 詳細はこちら

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。

ABOUTこの記事をかいた人

30代ティーチングプロ ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。