ゴルフの初心者が力を使いすぎずにグリップを柔らかく持つ方法

  • 練習してると手がマメだらけになっちゃう
  • どうしても力んでしまう

このようなお悩みを、持っていませんか?

ゴルフには基本的なグリップの方法がありますが、力の入れ方は人それぞれです。

グリップについつい力を入れてしまう人は、大事な場面で力んでスライスしてしまったり、ダフってしまったりします。

柔らかいグリップをする事で力みを減らし、身体全体でクラブを振れるようになりますので、この記事で紹介する内容をぜひ実践して、「柔らかいグリップ」を手に入れましょう!

ゴルフのグリップを柔らかくするメリット

ゴルフは、メンタルのスポーツといってもいいほど、メンタル面が大きくスコアに関係してきます。

特に初心者のうちは、「あと3ホール、大叩きしなければ100を切れる」など、スコアだけに集中してしまうことも多くあります。

それにより手や身体に力が入り、

  • ティーショットでOBを出してしまう
  • セカンドでバンカーに入れてしまう

などの、ミスショットが出やすくなります。

手のひらにギュッと力を入れてしまうと、身体全体が硬くなりやすくなります。

なので、常にグリップを柔らかく使うことを意識すると、力みもなくなりショットも安定します。

手のひらや身体の力みが無くなると、しっかりと身体全体でスイングすることができ、スコアを意識し始めたとしても安定した回転を続けることができます。

つまり、「柔らかいグリップ」を手に入れることができれば、スイングを崩すことなく、スコアも安定しやすくなるということが最大のメリットとなります。

【無料でもできる】柔らかいグリップを意識できる練習方法

柔らかいグリップを手に入れるメリットは、ご理解いただけたでしょうか?

ここでは、柔らかいグリップを身につけるための練習方法をご紹介します。

新聞紙を丸めて潰さないようにスイングする

無料で、簡単に自宅でできる練習方法となります。

新聞紙をクラブをのグリップと同等の太さで丸め、それをクラブを握るようにして実際にスイングします。

ここで手のひらに力が入っていると、持っていた部分が潰れます。

この持っていた部分を潰さないようにスイングするということが、やってみたら意外と難しいです。

コツは、「意識を手首から上の方まで持っていく」ということです。

「潰さないように」と考えていると、どうしても意識は手のひらに集中してしまいます。

その結果、手のひらに力が入ってしまいます。

意識を手首より上、つまり腕全体でスイングするような感じで練習してみましょう!

グリップ専用の練習道具を使う

新聞紙の練習では、なかなかしっかりこないという人に、おすすめできる練習グッズもあります。

Amazonや楽天で、「ゴルフグリップ練習道具」などで検索してみましょう。

グリップやスイングを練習するための道具がたくさん出てきますが、「グリップを柔らかくする」ことに特化するのであれば、グリップ部分のみの道具を使うことをお勧めします。

クラブのようになっていて重量があるタイプだと、どうしても持つ方に力を使ってしまいがちになります。

その点グリップのみの練習道具だとかなり軽いので、グリップの形とともに柔らかく持つ意識もつきます。

値段もお手頃で、1,000円前後で購入できるものもあります。

  • 新聞とっていない
  • 丸めるのがめんどくさい

という方は市販の道具で対応する方がいいので、一度検索してみてください。

まとめ

この記事では、ゴルフのグリップを柔らかく使うことのメリットや練習方法をご紹介しました。

拍手のため、ポイントをまとめておきます。

【グリップを柔らかくするメリット】

  • 力みがなくなる
  • スイングが安定する
  • その結果、良いスコアを出すことができる

【グリップを柔らかくする練習方法】

  • 新聞紙を丸めて、潰さないようにスイングする
  • 意識は手首より上
  • グリップの形も同時に練習したいのであれば、専用の道具を使うと効果的

このような感じです。

グリップを柔らかくすることのメリットをご理解いただき、たくさん練習していきましょう。

グリップを柔らかく使えるようになると、スコアアップに繋がります。

地道な練習にはなりますが、大切な要素ですので、しっかり身につけて楽しいゴルフライフを送っていきましょう!