暑さ対策とプレー上の注意点!暑さに負けないゴルファーになろう!

近年の日本の夏はとても熱いですよね。

外に出るのも大変なのに、暑い屋外でスポーツなんて考えられないですよね。

ただゴルフは、ゴルフコースがあるのが山の中や避暑地が多く、暑い夏でも比較的気温が低い場所にある事が多いです。

暑い夏に運動が出来ないで運動不足になってしまう方こそゴルフをしてみてはいかがでしょうか。

今回は暑い時期に快適にゴルフをする方法をご紹介します。

便利グッズをフル活用!

ゴルフ場はいくら皆さんが生活しているところより涼しいと言っても、やはり真夏は暑いことに変わりはありません。

カートに乗って移動している間は日陰になりますが、フェアウェイのど真ん中を歩いたり、ショットを打ったりする場合には直射日光を浴びることになってしまいます。

最近では小型の持ち運びができる扇風機や、濡らすと氷のように冷たくなるタオルなど、便利グッズがたくさん販売されています。

ゴルフ用でなくても問題ないのでどんどん活用しましょう。

ただ、あまり持ち過ぎるとプレーの邪魔になってしまうので気を付けてくださいね。

また、中にはゴルフのプレー中に使用すると違反になってしまう可能性の物あるので、注意してください。

肌をあまり出さない!

暑い夏の時期に長袖長ズボンでプレーをするという事を考えると暑くなってしまいますよね。

でも、実際には肌をだしてプレーすると直射日光をあびて、逆に疲れが出やすくなってしまいます。

暑い夏だからこそできるだけ肌を見せない格好でプレーをしましょう。

インナーも夏用の涼しいものがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

長ズボンも、日焼けを防げるだけでなく、ゴルフ場の長い芝から足を守ってくれますよ。

ただ、どうしても長ズボンは暑いという方は、短パンに長めのソックスを合わせる事をオススメします。

長袖長ズボンを履いているからと言って日焼け止めを塗り忘れないでくださいね。

いくら来ていても紫外線カットのものでない限り、日焼けしてしまいます。

暑い夏はこまめに日焼け止めを塗る事をオススメします。

また、あまり知られていませんが、目も日焼けをしてしまいます。

夏に限らず、ゴルフをプレーするときはサングラスを着用しておくと、目もしっかり保護することができますよ。

水分補給はこまめに!

ゴルフは自分の好きなタイミングでドリンクを飲むことが出来ます。

そのため、のどが渇いていないからといってドリンクを飲むことを疎かにしないでくださいね。

熱中症は気づいたときには手遅れになってしまう場合もあります。

ホールアウトしたら必ず何かを飲むなど、習慣付けるようにしてください。

飲み物も何本は凍らせて保冷バックに入れておくと、保冷材の代わりになりますし、溶けてきたら飲むことが出来るので、エコにもなります。

また、飲み物以外にも、熱中症対策用のアメや、簡単に栄養補給することが出来るゼリーなどを持っていくと便利ですよ。

もしもの時のために、飲み物も、食べ物も、多めに持っていくのがいいでしょう。

まとめ

今回は暑い夏の時期に快適にゴルフをプレーする方法をご紹介しました。

8月はゴルフシーズンの真っただ中でもあります。

暑いからといってお家に籠っていたら運動不足になってしまいますし、せっかく上達したゴルフも元に戻ってしまいます。

どうしても暑いのが苦手な方は、旅行がてら避暑地にゴルフをプレーしに行くのもオススメです。

ただ、夏の時期にもゴルフをプレーしなければと思いすぎて無理をしないように気を付けてくださいね。

しっかり暑さ対策をして夏のゴルフを楽しんでくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。