ゴルフ初心者がショートコースへ行くメリットとは?

ゴルフ初心者がショートコースへ行くメリットとは?

ゴルフを始めて慣れてきたら、そろそろコースデビューしてみたいなと考えていませんか?

でも、ゴルフ場はマナーが厳しく、敷居が高いため、行くのに勇気がいりますよね。

ゴルフ場デビューを迷っているのであれば、ショートコースに行くことをオススメします。

ただ、実際にはショートコースに行った事のあるゴルファーは少なく、メリットがあまりわからないですよね。

今回はショートコースのメリットをご紹介します。

プレー代が安い!

ゴルフはお金が掛かってしまうスポーツというイメージがありますよね。

それはゴルフクラブやゴルフウェアなど用意しなければならない物がたくさんある事もありますが、ゴルフプレー代が高額という事も理由の一つです。

ゴルフのプレー代は平均しても大体1万円程で、毎週のようにゴルフ場に通うにはいくらお金があっても足りないですよね。

その分、ショートコースはコースが短く、ホールが少ない分、プレー代が安く済みます。

基本的には9Hのショートコースが多く、プレー時間も短くすむため一日を有意義に使う事が出来ますよ。

プレー代が安いと気軽にゴルフ場に行くことが出来ますし、行く回数が多いと練習にもなるのでゴルフの上達が早くなります。

直接芝からショットを打てる!

ゴルフ練習場では練習用の人工マットの上で練習しますよね。

ただ、実際のゴルフ場では天然の芝の上から打つため、初めてコースでプレーをするとうまくボールを打つことが出来ず戸惑ってしまう方は多いです。

練習場でナイスショットをしても、ゴルフ場の芝からとは感覚が違うため、慣れるためにもショートコースで練習をしましょう。

ショットはもちろんのこと、アプローチも天然の芝の上から打つことが出来練習になります。

また、ゴルフをプレーするにはプレー中のマナーなど、ある程度流れを覚えておかなければなりません。

ゴルフ初心者の方は初めてのラウンドだと、自分のゴルフに集中しすぎて、なかなか周りが見ることが出来なくなります。

そのため、ショートコースでプレーすることによって、ゴルフのプレーに慣れ、そのほかのプレー中のマナーを覚えることが出来るようになりますよ。

ラウンドに誘いやすい!

ゴルフ場でゴルフをプレーしようと思うと、一人ではできませんよね。

そのため、一緒にラウンドしてくれる人を誘わなければなりません。

実際のゴルフ場はプレー代も高く、なかなか誘いにくいですよね。

またゴルフ初心者の方だと、どのゴルフ場に行けばいいのか、またゴルフのプレー中に迷惑をかけてしまうのではないかと考える事はたくさんあります。

ショートコースであれば、プレー時間も短く、プレー代も安いため気軽に誘う事が出来ます。

また、ショートコースであれば、一人でプレーすることも出来ます。

誰かと一緒に回るのが嫌だったり、ゴルフ場に行く前に練習したい方はぜひショートコースで練習してみてくださいね。

ショートコースで気を付けることは!

ショートコースは普通のゴルフ場に比べてカジュアルなイメージがありますよね。

クラブハウスに入る時にジャケット着用の義務がなかったり、プレー時の服装もそこまで気を付けることはありません。

ただ、Tシャツやジーンズなどのラフすぎる格好は避けましょう。

また、ゴルフシューズを履いてプレーをした方がスイング中に滑りにくく、プレーしやすいため、ゴルフシューズは履いた方がいいですよ。

まとめ

今回はゴルフのショートコースについてご紹介しました。

ショートコースはコースデビューの前に行っておくと練習になり、コースでのプレーにもなれるためオススメです。

一度ショートコースに行ってみてはいかかでしょうか。

コースデビューをしたいと考えている方におススメの記事はこちら↓↓↓

ゴルフ初心者がコースデビューするために必要な要素とは?

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。