短い練習用アイアンを使ってスイングするメリット3選

ゴルフ練習用マットとアイアンとボール



「クォーター理論」終売セール実施中

最近はゴルフの練習器具も多くの種類が販売されています。
昔からあるようなゴルフバットや重いクラブ。
特定のスイングの人に効果のある練習器具などもあります。
練習器具はいろいろありますが、どうやって使うのか分からない。
もしくはどのような効果があるのか分からないと思っている練習器具もあるのではないでしょうか。
今回紹介するのは短い練習用のアイアン
いったいこの練習器具の効果は何でしょうか?
今回は短い練習用アイアンの効果や練習方法についてお伝えします。
この記事を読めば知識が深まりますよ。

短い練習用アイアンは何が良いの?その効果は?

短い練習用アイアンは昔からありますが、どのような効果があるのでしょうか?
短い練習用アイアンの効果は主に3つです。
①短いのでフェースの確認ができる
②前傾角度をキープできる
③体を使ったスイングを身に付けられる
このような効果があります。1つずつ説明していきます。

短いアイアンだからフェースの確認ができる

クラブは長いより短い方がフェースの向きを認識できます
昔から卓球やテニスのラケットでゴルフの素振りをするドリルがあります。
これも考え方は同じで、手元に近い方がフェースを意識しやすく、更にゴルフクラブより大きなラケットを使うとイメージがし易いからです。
短いクラブで練習するとフェースが開いたり閉じたりすると長いクラブに比べ分かります。
短いクラブの良い点はそれだけではありません。クラブが短いので部屋の中で素振りをするのにも最適です。
短いとはいえそれなりの長さはありますが、天井に当たることはないと思います。物に当たらないように注意すれば問題ないでしょう。

短いアイアンだから前傾角度をキープできる

短いクラブを構えるには深く前傾しないといけません。
この状態で打つと前傾角度が起き上がるとすぐにトップしてしまいます。
正しく球を打つには前傾角度をキープすることが必須となるのが短い練習用アイアンなのです。
今まで前傾角度が起き上がって悩んでいる人は短い練習用アイアンで練習するのがおすすめです。

短いアイアンだから体を使ったスイングを身に付けられる

短い練習用クラブは腕で振って当てることもできますが、正しい打ち方とは言えません。
短いクラブで遠くに飛ばそうと思ったら体を使ってスイングする必要があります。
バックスイングでは体が伸びないようにしながら体を捻り、ダウンスイングで左の股関節に入れながら回転することでダウンブローに打つことができます。
このように書くと簡単そうに思えますが、実際短い練習用アイアンでこのように打つのは大変です。
お腹や足に力を入れていないとすぐにトップするのです。
手打ちで飛ばない人やダウンスイングでのリリースが早い人は短いクラブを使って練習するだけで飛ぶようになります

短い練習用アイアンを自分で作る場合の注意

短い練習用アイアンは自分でも作ることができます。
やり方は簡単です。パイプカッターでシャフトを切って重さを調節してからグリップを入れるだけです。
グリップ交換を自分でしたことがあれば簡単に作れます。
しかし1つだけ注意が必要です。それは重さを重くすることです。
素振りだけであれば軽くても問題ありませんが、球を打つ場合は重くする必要があります。
シャフトの中に鉛などの重りを入れて固定してからグリップを刺しましょう。

まとめ

今回は短い練習用アイアンについて説明しました。
見た目以上に打つのが難しいのが短いアイアンです。
前傾角度がしっかり保てていないと、ボールの頭を打つことでしょう。
しかし正しく打てるようになれば体を使ったスイングができ、今まで以上に飛距離が出せるようになりますよ。

◆関連記事◆
クロスハンドでアイアンを打つ練習は腕と体の使い方が良くなるメリットだらけ

【動画あり】5番アイアンの苦手意識を克服する練習方法と打ち方を解説

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。