練習場でアプローチショットの距離感を鍛える方法

ゴルフ練習場でアイアンショットをする

ゴルフにおいて、スコアメイクの重要なポイントとなるアプローチですが、一般のゴルファーは実際のコースや、天然芝から練習する機会があまりないものです。

アマチュアゴルファーでは打ちっぱなし練習場で練習するしかない方がほとんどだと思います。

今回は、練習場での効果的なアプローチの練習方法について解説します。

 

練習場で距離感を磨くには?

プレッシャーのない練習場では、力も抜けて意外とうまくアプローチも打てるものです。

でも本番ではどうしても力が入ってしまいミスになることが多くなります。

また、練習場のマットはクラブヘッドがスムーズに滑るので多少ダフってもクリーン打てたように勘違いしてしまいます。

ただ、練習場で漫然と打って満足していては、上達は望めません。練習場でのアプローチは、なるべく本番に近いシチュエーションを作って練習することが重要です。

ボールの落とし場所をピンポイントに絞る

たいていの練習場には30ヤード、50ヤードといった距離を表示するものがあります。

しかし、その距離表示へただ漫然と打つだけでは効果はありません。

最初に落とし場所を明確に設定して打つことが重要です。

打席の前に落ちている他人の打ったボールを一つ選んで、そのボールに直接キャリーで当てるようにアプローチしてみてください。

実際にはなかなか当たりませんが、目標をピンポイントにすることで集中力が高まります。自分にプレッシャーをかけることで、本番に近い緊張感でアプローチ練習をすることができます。

また、そのボールの近くの距離表示から、ボールまでの距離を推測して、意識しながら打ちましょう。

今、自分が打とうとしている距離が何ヤードなのかを明確に意識して練習することが大切です。

さらにクラブ変えることや、球の高さを意識的に変えて目標に打つ練習も効果的があります。

とにかく多くの球を打って繰り返し練習しましょう。どんな球をどの程度の距離で打つかを明確にすることで、プレッシャーがかかり本番さながらのショット練習になります。

ティーアップしてアプローチ

練習場のマットはクラブが引っかかることなく滑るので、ダフりなどのミスを軽減してくれます。

そのため、多少のダフリも感触的にはクリーンに打てたように感じて、ミスショットであったとしても気づかないケースがあります。

アプローチでも正しいボールコンタクトのためには、ティーアップしてアプローチしてみましょう。

打ったときにティーのゴムの感触が強くボールが上にあがり気味のときはダフっている証拠です。

同じ感触で同じ距離を打つように繰り返しして、一定のクリーンなボールコンタクトの感触で打てるように練習しましょう。

左右交互に片手打ち

アプローチの精度を高めるのに片手打ちはとても効果があります。

片手にすることで難易度は上がりますから、集中力を高めないと上手く打てません。

集中することで左右それぞれの使い方、動かし方の理解も深まってきますので、アプローチの精度は上がってきますから、左右交互に片手打ちの練習を繰り返しましょう。

ただし、片手で打つと大きなミスをする可能性があるので、練習場では、周囲の打席の方の迷惑にならないよう十分に注意してください。

まとめ

アマチュアゴルファーは、アプローチ練習を実際のコースの芝からしっかりできる環境も少ないでしょうから、練習場では、効率的に練習してください。

1球いくら、の練習場ではアプローチどんどん打つのはもったいない気がするかもしれませんので、打ち放題など得なプランがある練習場をみつけて練習をしましょう。

自分にプレッシャーをかけて集中することが重要ですよ。

 

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。