アプローチ上達への第一歩、アプローチショットの種類を知ろう!

ゴルフのスコアメイクの鍵となるのがアプローチです。

特に初心者ほど、ラウンドでアプローチショットを打つ機会が多いものです。

アプローチは短い距離のショットですが、簡単ではありません。

上達のためには、どう打つかを正しく理解して、練習を繰り返すことが必要です。

今回は、アプローチを理解するための第一歩として、アプローチショットの種類について解説します。

アプローチショットの種類

アプローチ上達のためには、アプローチショットにはどんな種類があるのかをまず理解する必要があります。

それぞれのショットの違いを理解して、意識して使い分けられるようになれば、アプローチのレベルは飛躍的に上がります。

アプローチショットには、そのキャリーとランの関係性の違いから、大きく分類して次の4つの打ち方があります。

  • ランニングアプローチ
  • ピッチエンドラン
  • ピッチショット
  • ロブショット

それぞれ、どのようなショットなのか見ていきましょう。

ランニングアプローチ

ランニングアプローチは、低くボールを打ち出してキャリーを抑え、転がして寄せるアプローチショットです。

比較的ロフトのないPW(ピッチングウェッジ)~7番アイアンで、ボールを転がすように打ちます。ショットの方法としては、パターと同じようなストロークで打つことが基本になります。

シンプルな打ち方なので、アプローチショットの中では一番ミスをしにくい簡単なアプローチといえます。

しかし、砲台グリーンの打ち上げや、グリーンエッジからピンが近い場合など、転がすのが難しい場合には適した打ち方ではありません。

アプローチに際してはまずランニングアプローチが可能かどうかを判断してください。状況が許すならば、できるだけランニングアプローチを使いましょう。

ピッチエンドラン

ランニングアプローチよりもボールを高く打ち上げて、キャリーとランを使って寄せる方法がピッチエンドランです。あらゆるアプローチの基本となるショットといえます。

ショットの際にはキャリーとランの比率をイメージして打つことが大切です。PW(ピッチングウェッジ)の場合は、キャリーとランの比率は1:2が目安です。

ロフトのあるSW(サンドウェッジ)を使うとキャリーの比率が増えます。練習を繰り返して、自分なりの番手ごとのキャリーとランの比率を把握するようにしましょう。

ピッチショット

ピッチショットはスピンをかけて、ランを少なくするショットです。

グリーンエッジからカップまでの距離が短い時などの難しいシチュエーションで使われます。ボールへのコンタクトの精度がシビアに求められるため、難易度は高いショットです。

トップやダフリのミスも出やすいので、相当な練習が必要ですが、マスターすれば強い味方になるショットです。

ロブショット

ロブショットはボールを高く打ち出して、ランをほとんど出さずにグリーン上に止めるアプローチショットです。

ボールがラフの上に浮いていてクラブがボールの下に入り込む空間がある場合など、打てるライが限られています。

また、かなり練習をしないとロブショットで距離感を合わせることは難しく、また、実際の芝から練習しないと感覚もつかめません。

天然芝から練習する機会も少ないアマチュアゴルファーがロブショットをマスターするのは至難の業ですから、初心者にはおすすめできないショットです。

しかし、難易度が高いだけにプロがロブショットを決めるのはカッコよく、アマチュアにとっては憧れのショットですから、練習環境がある方は挑戦してみてください。

まとめ

上級者を目指すには、アプローチを攻略する必要があります。

まずは、今回解説したアプローチの種類を理解して、練習を繰り返してください。

地道な練習ですが、アプローチはスコアに直結しますので頑張ってください。

投稿者プロフィール

風TARO
ゴルフ歴20年のおやじゴルファーです。ゴルフの道を究めるべく、日々ゴルフの研究に励んでいます。アマチュアゴルファーの視点から、わかりやすくタメになる記事をお届けしたいと思います。