【ハイエストゴルフ】綺麗なスイングにするにはどうすれば良いのか?

あの人上手そうだなぁ〜。

まだ球を打っていないのに、素振りをしただけで上手いか下手なのか想像すると思います。

プロゴルファーは、スイングを見れば大体どれくらいのスコアなのかわかりますが、アマチュアの人でもなんとなく上手そうか下手そうなのか予想はつくと思います。

上手い人で、汚いスイングの人は多くはいません。

大抵の場合、上手い人はスイングも綺麗なのです。

それならば、スイングを綺麗にすればゴルフが上手くなるはずです。

今回は、ゴルフが上手くなる為に綺麗なスイングにするにはどうすればよいのかをお伝えします。

綺麗なスイングと言っても人それぞれ

そもそも綺麗なスイングとは、どのようなスイングでしょう?

綺麗と言っても、綺麗の基準は人それぞれなはず。

タイガーウッズのようなスイングが綺麗だという人もいれば、アーノルドパーマーのスイングが美しいという人もいるはずです。

しかし、今まで世界で美しいスイングと呼ばれる人のスイングが、綺麗なスイングと言っても良いかと考えます。

綺麗なスイングの人は沢山いますが、有名どころを上げると世界なら

  • タイガーウッズ
  • アダムスコット

日本なら

  • 石川遼
  • 古江彩佳

などは、綺麗なスイングと言えるでしょう。

基本通りの教科書スイングなら間違いない!

それでは、綺麗なスイングをする人はどのようなスイングなのでしょうか?

結論を言うと、多くの人が綺麗だと思うスイングは教科書通りのスイングです。

つまり、癖が少なくオーソドックスなスイングが綺麗だと言えます。

先程名前を上げた

  • タイガーウッズ
  • アダムスコット
  • 石川遼
  • 古江彩佳

は、多少の違いはありますが、大きくスイングを見てみると似ているスイングです。

トップが極端にオーバースイングになったりせず、フィニッシュの収まる位置も似たスイングです。

逆に、トップで左肘が大きく曲がりクラブが垂れ下がる程のオーバースイングから、右足に体重が残り胸が空を向いて腕が縮こまる。

いわゆる、明治の大砲のスイングを綺麗なスイングと言わないと思います。

次に、綺麗なスイングにするためのポイントとなる

  • アドレス
  • トップ
  • フィニッシュ

を、見ていきましょう。

綺麗なスイングはアドレスから

まずは、何と言ってもアドレスです。

ここが間違っていると、綺麗なスイングにはなりません。

猫背で頭が下がったアドレスを見て、綺麗なスイングが想像できますか?

綺麗なスイングの第一条件は、背筋が伸びた綺麗なアドレスです。

正面から見たときに左右均等になっていて、両肩に余計な力が入らずに、いつでも動き出せるアドレスを目指しましょう。

正しいトップも綺麗なスイングに欠かせない

綺麗なスイングの第二条件は、トップのポジションです。

軸がズレずに、肩が捻転して腕が伸びたトップ。

ドライバーで、シャフトが地面と平行かやや上を向いたトップが理想です。

後方から見ると、前傾角度が保たれていて、クラブが目標とほぼ平行になると綺麗なトップとなります。

アドレス、トップ、フィニッシュが決まれば綺麗なスイング

綺麗なスイングの最後の条件が、フィニッシュ。

左足の上に真っすぐ立つI字フィニッシュが、バランス良く理想です。

腕の力が抜けてクラブの遠心力に任せて首に巻きつくようにスイング出来れば、ヘッドスピードも上がりフィニッシュが綺麗に収まります。

綺麗なフィニッシュでは左肘が肩の高さに収まるので、このフィニッシュめがけてスイングすれば、全体のスイングも良くなり綺麗なスイングになるでしょう。

まとめ

今回は、綺麗なスイングにするにはどうすれば良いかお伝えしました。

今まで、綺麗なスイングがわからなかった人の参考になれば幸いです。

もし、あなたがスイングで悩んでいたら、今回伝えた事が出来ているか確認すると、悩みがなくなる可能性は高いですよ。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。