他のプレイヤーに迷惑をかけないために、ラウンドで守るべきマナーを守ろう

初心者のうちだと、自分のプレーで精一杯になってしまってはいませんか?

確かに、

  • ボールにちゃんと当たるか心配
  • 当たったとしてもまっすぐ飛ぶかわからない
  • 自分のボールがどこに行ったか見えない

なんて事も、多いと思います。

また、ゴルフが下手というだけで、迷惑かけてしまっているのではないだろうかと心配になってしまいますよね。

でも、ゴルフが下手でも、しっかりマナーを守ったプレーをしていれば問題はありません。

実際に、ゴルフは上手だけど、マナーをしっかり守っていないプレーヤーの方が迷惑です。

今回は、ゴルフをコースでプレーするにあたって、守らなければならないマナーをご紹介します。

プレー時間はできるだけ短く!

ゴルフを始めたうちだと、スイングする回数が多くなってしまい、どうしてもホールアウトするまでに時間がかかってしまいますよね。

それは仕方のないことで、誰しもが通ってきた道です。

  • ボールを打った後
  • 実際にボールを打つまでの時間

などの、プレーをしていない時間を、いかに短縮するかが大切です。

プレー時間を短くすることによって、後続組やゴルフ場に迷惑が掛かりません。

自分たちの組が遅いせいで、後ろの組が暗くてプレーしにくくなってしまったなんて事があってはいけません。

自分のボールがある場所に移動するときは、できるだけ急ぎ足かグリーン上でなければ走りましょう。

グリーン上を走るのはマナー違反になってしまうので、グリーンを出てからカートまで走りましょう。

そうすることによって、後ろで待っている後続組への印象もいいですし、実際に時間の短縮になります。

また、自分の打つ番までに番手を決め、自分の番になったらすぐ打つことによって時間短縮になります。

たまに、ティショットをして自分のボールまで走っていこうとする方が見えますが、ちゃんと飛んだのであれば確実にカートの方が速いのです。

何が何でも、自分のボールの位置まで走ればいいというわけではありません。

グリーンは大切に!

ゴルフ場のコースの中で、いい状態を保つのに一番大変で時間がかかるのがグリーンです。

少しでも傷がつくと治るまでに時間がかかってしまうため、グリーン上のボールマークなどは率先して直してくださいね。

ボールマークの直し方にも、正しい方法があります。

  • ボール跡の周りから斜めにグリーンフォークを刺す
  • グリーンの芝を切らないように芝を寄せる
  • ボール跡の周りを三カ所ほど同じように直す
  • 最後にパターで平らにする

グリーンの芝を切らないように、グリーンフォークを刺したら芝を寄せることを覚えておいてくださいね。

また、足を引きずって歩くと、スパイクの跡がついてしまいます。

グリーン上は走ったり、足を引きずって歩いたりしないように気を付けて下さい。

他人に迷惑をかけない!

ゴルフは、一人ではプレーできませんよね。

一緒に回る人に、迷惑をかけるような行為は控えましょう。

グリーン上で他人のラインを踏んだり、プレーしている人の近くによったりしてはいけません。

また、相手に怪我をさせてしまうような行為も避けましょう。

  • 人が近くにいるときはスイングしない
  • 前の組に打ち込まない

など、気を付けなければならない事はたくさんあります。

また、バンカーに入ったら、打った後は綺麗に直しましょう。

グリーン上でカップの淵を踏んで形を変えてしまったり、ピンを刺し忘れてグリーンを出てしまう事のないように気を付けてくださいね。

まとめ

今回は、ゴルフのプレーにおいて気を付けなければならないマナーをご紹介しました。

マナーを守ってプレーすることで気持ちよくゴルフをすることが出来ますし、スコアにもいい影響を及ぼしてくれます。

最初はやる事が多くて大変かもしれませんが、慣れるとプレーの一部として気を付けなくてもできるようになります。

マナーを守ってゴルフを楽しんでくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

総額39万円以上!有名レッスンプロたちの人気レッスン動画が月額980円(税込)で見放題!!

ゴルフレッスン動画が月額980円で見放題