ゴルフ初心者にオススメなゴルフ場とは?まずはゴルフに慣れよう!

ゴルフを練習場で練習しているとコースに出たくなりますよね。

でも、まだいいショットはできないし、コースでは練習場で練習できないバンカーなどがあり、コースデビューするのはまだ早いと思ってはいませんか?

ただ、いつまでも練習場で練習していてもゴルフをしているとは言えません。

せっかくゴルフを始めたのであれば、ぜひコースに出てラウンドしてみましょう。

今回はゴルフ初心者の方がコースデビューしやすい特徴のゴルフ場をご紹介します。

アップダウンの少ないゴルフコース!

練習場とコースの違いはショットを打つときに傾斜があるかないかです。

練習場では、平らなマットの上でショットを打つことが出来ますが、コースでは広大な自然の中でショットを打つため、平らな場所からショットを打てる方が少なくなります。

そのため、コースデビューするのであれば、できるだけ平らな場所が多いゴルフコースがオススメです。

また傾斜があると、打ち上げや打ち下ろしを計算しなければならないため、実際に表示されている距離と異なってしまいます。

ゴルフに慣れている方は、大体の感覚で打つことが出来たり、計算もその場で素早くしたりすることが出来ますが、初心者の方はゴルフをプレーする事に必死ですよね。

河川敷のゴルフコースであれば、アップダウンが少ないため平らなライからショットを打つことが多く、飛距離の計算もしやすくなります。

コースデビューするのであれば、河川敷のゴルフ場を選びましょう。

フェアウェイが広いゴルフコース!

ゴルフ初心者の方は、まっすぐボールを飛ばすことが難しいですよね。

そのため、少しボールが曲がってしまってもいいライから打つことが出来る、フェアウェイが広いコースを選びましょう。

コース自体の幅が広くても、ラフや林の中からショットを打つのでは、ミスが増えてしまします。

フェアウェイはコースの中で芝を短くカットしてある場所で、ボールが芝の中に隠れることなく、しっかりと見えているため、練習場と同じショットを打ちやすいですよ。

せっかくボールがOBにならなかったとしても、芝が長いラフや林の中からは打ちたくないですよね。

コースとコースの間に木などの仕切りがなく、ゴルフコースを見渡せるコースを選びましょう。

ただ、そういったコースは隣のホールからボールが飛んできやすいため、気を付けてくださいね。

また、自分がボールを曲げてしまった時は大きな声で「ファー」と叫びましょう。

パブリックのゴルフコース!

ゴルフは敷居が高いイメージがありませんか?

確かに、ゴルフ場にはメンバーというそのゴルフ場の会員権を持った人がおり、メンバーがいないとラウンドする事の出来ないゴルフ場もあります。

そのため、プレーしたくてもできないゴルフ場は存在します。

厳しいゴルフ場だと、ゴルフ場の品位を保つためにメンバーに注意を受けてしまうなんて事もあります。

せっかくコースデビューするのであれば、できるだけ緊張するようなことは避けたいですよね。

そして、ゴルフはマナーも厳しいため、ゴルフ場に行くこと自体が緊張してしまいませんか?

パブリックのゴルフコースであれば、メンバーがいないため予約さえ取る事ができればラウンドすることが出来ます。

ただ、パブリックのコースだからと言ってTシャツやジーパンを着用したり、ジャケットを羽織らずに入場したりするなどのマナー違反はしないで下さいね。

まとめ

今回はコースデビューするのであれば、どのようなゴルフコースがオススメかご紹介しました。

コースデビューはどうしても緊張してしまいますが、おもいっきりゴルフを楽しんでくださいね。

初めてのプレーはどうしても迷惑が掛かってしまう事もありますが、ゴルフをしているのであれば誰でも通ってきた道です。

コースデビューを楽しんでくださいね。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

川上 澪
川上 澪
大学からゴルフを始め、ベストスコア68。

ゴルフの魅力に取りつかれ、アマチュアゴルファー日本一を目指し中。現在子育て中でなかなかゴルフが出来ないママさんゴルファー。