「プロ直伝」ゴルフの上達にはアプローチの片手打ち練習がおすすめ

ゴルフの上達方法には色々な方法があります。

ハーフスイングや片足打ち、クロスハンドで打つのも1つの方法。

その中でもアプローチの片手打ちはトーナメントプロも練習の始めに行うくらいメジャーな練習方法です。

今回はアプローチの片手打ちのメリットをお伝えしていきます。

この記事を読めば片手でアプローチをやりたくなりますよ。

それでは見ていきましょう。

アプローチの片手打ちをするメリットを紹介

トーナメントプロも取り入れているアプローチの片手打ち。

多くの選手が練習の1番最初にウォーミングアップをかねてアプローチの片手打ちをしています。

アプローチの片手打ちをするメリットは以下の通り

 

・体で振る感覚が身に付く

・クラブの重さで振れるようになる

・アプローチの感覚がよくなる

 

この他にもありますが、大きく分けるとこの3つです。

1つずつ説明していきます。

体で振る感覚が身に付く

アプローチで片手打ちをする1番のメリットは体で振る感覚を身に付けられることです。

ゴルフで起こる多くのミスは手打ちによるもの。

「腕だけで振っている」

「クラブの軌道がズレている」

このように言われたことはありませんか?

手は人間の体の中でも器用なので多少間違った動きをしても手の動きで修正できてしまいます。

しかしこれは両手でクラブを持った場合。

片手でクラブを持つといくら器用な手でも間違った動きを修正することが困難になります。

片手でクラブを持つと重いので自然と体を使ったスイングになるのです。

大きな筋肉を使い体で振る感覚が身に付くのでツアーで戦うプロゴルファーも練習の前に片手打ちをするのだと思います。

クラブの重さで振れるようになる

アプローチの片手打ちをするとクラブの重さで振れるようになります。

理由は先程と同じ。

片手では力が無いので速く振ることが出来ないためです。

これはリズムが速くなる人にとっては大きなメリット。

リズムが速くなる人はアプローチで片手打ちをすることでリズムを整えることが可能です。

アプローチの感覚がよくなる

片手打ちは色々なクラブで行えますが、アプローチのクラブを使うことでアプローチの感覚が養えます。

短いクラブは長いクラブに比べて繊細な感覚が重要です。

アプローチで言えば、どのくらいの振り幅で行うのか、インパクトの強さはどうするのか、その時のフェースの向きなどちょっとしたことで出る球が変わります。

どうせ片手打ちをするのなら、感覚を鋭くするためにもアプローチで使うクラブでやることをおすすめします。

アプローチでやる片手打ちのポイント

それではアプローチで片手打ちをする時のポイントをお伝えします。

アドレスは背筋を伸ばして構えます。

スタンスは距離により変えますが肩幅よりやや狭くします。

バックスイングは腕だけで上げずに胸を右に向けながら一体感を持って上げていきます。

ダウンスイングは体の回転に腕がついてくるようにします。

 

間違ったやり方は腕だけで振ることです。

腕だけで上げると体の回転が止まり左肩が上がってきて前傾角度が崩れます。

ダウンスイングも腕で行うと距離感が一定になりません。

アプローチの片手打ちでも体を使って打つのがポイントなので覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今までアプローチの片手打ちをやっていなかった人も片手打ちをしてみれば体で振る感覚が掴めるはずです。

プロがやっているように練習の始めに取り入れると効果的です。

片手打ちはデメリットはほとんど無いので練習で沢山やりましょう。

普段使用するアプローチのクラブで行えばアプローチの距離感も身に付けられて一石二鳥ですよ。

是非次回の練習から取り入れてみましょう。

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。