ドローボールの打ち方と習得するメリット【ドライバー編】

ショットの後のフォロースルーしながら球筋を目で追う男性ゴルファー



「クォーター理論」終売セール実施中

こんにちは!
今日はゴルフ応用編になりますが、ドライバーでのドローボールの打ち方です。
ドローボールとは、インパクトでボールにヒットする時にフェースがやや左を向いている(閉じている)状態で打つ球筋の事になります。
つまり、打球の回転軸が左に傾いているので回転によって左に曲がる事を意識して打つ事を指します。

プロが良く、ドライバーでドローやフェードボールで曲げながらフェアウェイに持ってくるシーンを良く見かけます。
基本的に、落下してからボールの回転に助けられて、距離が稼げる理由と、そもそも真っ直ぐに打つよりフェアウェイに持って行く事が簡単だと言う理由もあるようですね。

ドローボールが打てるようになるメリット

一方で我々アマチュアですがドローボールが打てるようになるメリットは、
・飛距離のアップ
・スライス防止
の2点だと考えてます。

飛距離アップの意味では、ドローボールを打つ為に強くインパクトする必要があり、同時に強く叩ければ、ボールにトップスピンがかかり、空中で失速しない上に地面で良く転がってくれると言うメリットです。

また、基本的にスライスが出る逆のメソッドですので、アマチュアに良くあるドライバーでのスライス防止に効果があると言うこの2点かなと考えます。

ドローボールの打ち方

さて打ち方ですが、筆者のお勧めはまず、頭で理論を理解して、イメージを膨らまし、それから練習で実際に打つ事が順番として良いと思います!

基本的に次の3つを意識します。
・グリップエンドを前に動かすイメージ
・打った後の押し込みイメージ
・切り返し

ドローを打とうとしてもスライスする場面は良くあります。恐らくグリップエンドの位置が安定してません。
ボールヒットした後にグリップエンドを斜め下に押し込みながら前に押し出すイメージです。

また、その時に手で押し込む動作が必要です。押し込みながらインパクトできると自然にトップスピンがかかるようになりますよ。

ドローボールの打ち方を打つ際のポイント

もう一点、重要な要素は切り返しです。
切り返しとは、バックスイングからダウンスイングに切り替わる瞬間を指します。
この切り返しの時にストレートにダウンスイングするのではなく、インサイドアウトを意識して切り返します
併せて、その時に顔を右に向けたまま残していくようにすると肘が身体から離れずにドローが綺麗にかかるようになります。

ドローボールはターゲットラインに対して右方向に打ち出し、ボールが左回転してターゲットライン付近に戻ってくる弾道を指します。
出来れば、飛距離アップとスライスが予防できます。是非習得してゴルフ上級者を目指して下さい!

◆関連記事◆
ドローボールのメリットと打ち方

投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。