ゴルフのラウンド後の練習はどうする?

あなたはゴルフのラウンド後の練習をしていますか?

ゴルフのラウンド後の練習は、その日の反省を活かした練習ができるので非常に有効です。

多くの人はラウンド後に練習をしないと思いますが、ラウンド後に練習をすることで大きくレベルアップできるので、やっていない人は是非やってみましょう。

その日ダメだったショットは、お風呂に入りながらや車の中でも思い出して次回は改善しようと思うはずです。

しかし、時間が経過すればするほど何が悪かったのか思い出せなくなるはずです。

悪かったショットはその日に直す。

これができれば、スッキリした状態で次の日を迎えられると思います。

今回はゴルフのラウンド後の練習についてお伝えしていきます。

この記事を読めばラウンド後に練習したくなるかもしれません。

ゴルフのラウンド後は最高の練習ができる

ゴルフのラウンド後は疲れているので、お風呂に入って早く帰りたいのではないでしょうか?

しかし、ラウンドの練習はその日ダメだったショットを明確に覚えている為、上達するのに最適な練習をすることができる絶好のチャンスです。

その日の内に練習すれば、体の動きも似たような動きをするはずです。

ラウンド中と同じような動きになることで、自分のミスの傾向がわかり、どのような打ち方をすれば狙った場所に飛ぶのか理解できます。

これは感覚的な部分が大きいのではないでしょうか。

球が右に飛び出したからインパクトでフェースが開いた、と頭では理解しても、感覚としてフェースを戻すことができなければ意味がありません。

ラウンドと似たような体の状態だからこそ感覚的に身に付くのです。

ラウンド後の練習はどのようにすれば良いのか?

それでは、実際にどのような練習をすれば効果的なのかをお伝えします。

まずしてもらいたいのは、ミスショットの振り返りです。

頭の中で実際に打ったショットを思い浮かべます。

どのようなシチュエーションで、どのクラブでミスをしたのかを思い出しましょう。

まずはそのミスをしたクラブで、狙った場所に飛ばせるように修正するのがおすすめです。

修正出来ればそれに越したことはありません。

しかし上手く修正出来ないこともあると思います。

そのような時は、振り幅やスピードを変えて、どれくらいまでならコントロールできるのかを確認しておくと、プレッシャーの掛かる場面で役に立ちます。

ミスしたのは通常のショットだけではないはずです。

アプローチやパター、傾斜や林からの脱出、バンカーなどでもミスをしているかもしれません。

せっかくゴルフ場に来ているのですから、普段なかなかできない練習をするのもおすすめです。

普段できない練習とは、ロングパットであったり、アプローチやバンカーです。

ゴルフ場によっては、アプローチ練習場やバンカー練習場が付いている場合があります。

もしこのような施設が付いているのであれば、上達のために優先して練習するべきです。

「ゴルフのスコアの60パーセント以上は100ヤード以内のショット」と言われているので、グリーン周りから寄せることができれば、それだけで間違いなくスコアが良くなるからです。

もしアプローチ練習場やバンカー練習場がなくても、実際のグリーンでパターができる機会はゴルフ場以外ではありません。

曲がるパットであったり、ロングパットなどは自宅では出来ないと思います。

せっかくゴルフ場に来たのですから、時間の許す限り練習するのがおすすめです。

まとめ

今回は、ゴルフのラウンド後の練習についてお伝えしました。

ゴルフのラウンド後は疲れも溜まっており、早く帰りたい人が多いはずです。

そのような中頑張って練習すれば、ライバルとの差をつけることができるでしょう。

ラウンド後の練習はスイング作りよりも、スイング修正とショートゲームの練習をメインにします。

ラウンド後にこのような練習をしていれば、おのずとゴルフが上達していると思いますよ。

是非参考にしてみて下さい。

持久系プロテイン

ビーレジェンドプロテイン「スポーツ&ウェルネス」の 詳細はこちら

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。

ABOUTこの記事をかいた人

30代ティーチングプロ ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。