大本研太郎プロフィール

大本 研太郎(おおもと けんたろう)
GPC恵比寿代表
ツアープロコーチ
日本プロゴルフ協会(PGA)ティーチングプロA級

1974年生まれ。18歳でゴルフを始め、研修生、ミニツアーを経験後、2007年に日本プロゴルフ協会(PGA)公認のティーチングプロ資格を取得。
レッスンを行いながら、さまざまな理論を習得し、スイングへの応用研究を重ねる。
2012年にパターレッスン専用スタジオ「パットラボ」を開設し、アマチュア2,000人、プロ180人を超音波機器で詳細に解析。
一流選手はパットとスイングに多くの共通点があることを突き止め、重心バランスを整えてコースのプレッシャーや傾斜に強いスイングの再現性を高める「グラビティーメソッド」を確立。
2018年3月に優れたレッスン理論で最も輝かしい実績を上げたティーチングプロを選出するPGAティーチングプロアワードで最優秀賞を受賞。
技術だけではなく、豊富な知識と理論的データに基づき、個々のレベルやタイプに対応したレッスンには、全国からプロアマ問わず生徒が通っており、高い信頼を得ている。

メディア出演情報
・ゴルフネットTV
・みんなのゴルフダイジェスト
その他Webコラムなど多数

著書
著書再現性を高め、カップインの確率を上げる重心パッティングのススメ