4.ショット制度を上げるにはスイングの一部分を長くする【森守洋プロ】

〇〇選手のスイングがかっこいい。
〇〇選手のように振りぬきたい。

精度の高いショットで、
スコアを縮めたい。

プロの選手のスイングに見とれたり、
憧れたりすることがあると思います。

実際にスイングを真似しようとしても、

体格も違えば、パワーも違う、
同じようにスイングするのは難しい。

しかし、スイングの一部分だけ真似する。
これならできそうだと思いませんか。

しかも、ショットの精度・安定性、
飛距離アップにつながる部分。

一部分といっても、
プロとアマには大きな違いがあります。

その大きな違いとは
「インパクトゾーンの長さ」

プロは長く、アマチュアは短い

ゴルフは、
止まっているボールを打つスポーツですが、

長いインパクトゾーンの中で、
ボールをとらえるか、

短いインパクトゾーンの中で、
ボールをとらえるか…

どちらが精度の高いショットが出来るのか、
というと、

もちろん
インパクトゾーンが長いほうです。

このインパクトゾーンの長さを習得することで、

ダフリやトップといった、
ミスショットは激減し、

フェースの芯を食ったショットを、
連発して打てることが出来てきます。

アドレスやフォームではなく、
長いインパクトゾーンを真似るべきです。

そうすることで、
プロのような安定したショットが手に入り、

ナイスショットが増え、
スコアが縮まるイメージも沸いてきますね。

さらに詳しく動画で確認してください。