1.自宅でできるパッティングの距離感を養う練習法【大本研太郎プロ】

いきなりですが、
パッティングの距離感に自信はありますか?

感覚が良い日もあれば、悪い日もある
という感じでしょうか。

毎回同じコースに通っていれば、
グリーンにも慣れて、

距離感は合ってくると思いますが、
違うコースに行くことが多いとなると、

高麗芝もあれば、ベント芝もあり、
また、天気やカットの違いによっても転がりは変わるので、

パッティングの調子は、
グリーンとの相性次第になっていませんか?

スコアを縮めるためには、
トータル打数の約40%を占める

パッティングの上達が必須です。

では、グラビティーメソッドには、
どのようなパッティング上達法が収録されているのか。

パッティングの距離感というと、
「右手の感覚が大事」とよく言われます。

一般的に、右手でボールを持って、
カップに向けて転がすような力加減で。

というような練習方法もあり、
DVD内でも紹介されていますが、

そのほかの方法を一部紹介します。
大本プロは、

プロパターコーチという肩書を持つくらいなので、
練習法に関してもバリエーションが豊富です。

パッティングの感覚が養われることで、
グリーンとの相性次第ではなく、

安定した技術を手にすることができ、
ミスした場合でも、原因がはっきりしてきます。

ミスを修正していくことで、
パッティングの技術が高くなっていきますね。

自宅でもできる練習法なので参考にしてみてください。

<映像抜粋>
大本研太郎の「グラビティーメソッド」基礎理論&パッティング基本編