【動画あり】初心者ゴルファーでも、ハンドファーストインパクトで飛ばせるアドレスとグリップのポイント【ゴルフ女子成長企画#1】

こんにちは
ハイエストゴルフの川手です。

ブログの新しい企画として、連載物をスタートしたいと思います。
その名も「ゴルフ女子成長企画」です。

このハイエストゴルフブログでは読み切りの記事が多いのですが、
続きものとして楽しんでいただけると幸いです。

主な内容は、
ハイエストゴルフに所属している「ひらもと」が

ゴルフレッスンを通して
成長していく過程を紹介していこうと思います。

ハイエストゴルフYoutubeチャンネルの内容と
連動した内容になるので、

ブログと動画の両方で楽しんでいただければと思います。

さっそく1回目の内容ですが、
「ひらもと」を上達させるべく、

どのようなプロセスで進めようかと考えていたのですが、
ブログや動画を見ていただく方にも上達のヒントをお届けできるように、

我流で練習することを伝えていくよりは、
有意義なレッスンをお届けした方がいいと思ったので、

「ひらもと」に、コーチを付けることにしました。

初心者「ひらもと」の上達に、
ツアープロコーチに協力していただけないかと考え、

谷原英人プロの専属コーチである、
吉田直樹プロに経緯を説明しオファーしたところ、

なんと「いいですよ♪」と快諾していただけました。

超一流プロを指導する超一流プロコーチが、初心者女子ゴルファーレッスンをする。

このアンバランスな感じがワクワクしませんか。

私から吉田直樹プロにリクエストしたことが1点ありまして、
「ひらもと」は初心者なので極力ゴルフ用語を簡単にして教えてください!とお願いしました。

これで、ブログやYoutubeを見ていただく方のゴルフのレベルやキャリアに関係なく、
理解しやすいレッスンの展開になるのではないかと思います。

では、実際のレッスンの内容に入っていきますが、
最初は、アドレスとグリップを学びます。

これをしっかり理解しておかないと、
簡単に当たって飛ばせるスイングが完成しません。

というのも、アドレスの段階から
ハンドファーストという形を作らなければなりません。

簡単にチェックするとすれば、
アドレスの時点でクラブのシャフトは飛球方向に倒れていますか?

もし、地面から垂直にシャフトが立っているのであれば、
ハンドファーストで打てていないかもしれません。

残念がることはないです。
まだまだ飛距離を伸ばせる可能性があるということです。

アドレスで大事なのは、
シャフトの傾きだけではありません。

グリップも重要になります。

特に右手の手のひらは(右打ちの場合)、
クラブのフェース面とリンクさせて扱いたいです。

ボールを飛ばす方向を管理するために重要な働きをするので、
適当に握ってもいいというわけではありません。

クラブフェースと同じ向きで右手を握るようにしましょう。

最後に初歩的なことですが、
肝心なことをお伝えします。

アドレスを取ったとき、
フェースの向きは、目標方向に向いていますか?

フェースが閉じていたり、開いていると、
狙った所に飛ばすのが難しくなってきます。

アドレスの段階から正しい準備をしておくことで、
簡単に当たって飛ばせるスイングができるようになります。

クラブを振る前から、
間違いやズレが起きていないか…

以下に「ひらもと」のレッスン動画を準備していますので、
一緒にレッスンを受けるつもりで確認してみてください。

■◇ ひらもとメモ ◇■

好きなアイスは…「チョコモナカジャンボ」です。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。