最短で上達するために、どうやって効率の良い練習をすればいいのか?

ゴルフの面白さがわかってくると、効率よく練習するにはどうすれば良いか気になりますよね?

昔は、トラック一杯のボールを打てなんて、質より量を打たせるような言葉を言われた人も多くいます。

量も大切ですが、どうせ練習するのなら、より効率の良い練習をしたいと思うのは誰だって同じはずです。

効率よくと言っても、スライスする人とフックする人では練習方法が違うのは当たり前です。

これは、スライスやフックに限らずに全てに言えることです。

スイングは、一人一人違うのが当たり前!

そうなると、その人にあった練習というものがあります。

ネットで自分なりに色々調べても、自分に合っていない練習をしている限り、上達は望めません。

今回は、現役ティーチングプロの私が、初心者が最短で効率よく練習出来る誰にでも当てはまる練習方法をお伝えします。

初心者以外でも、この練習をやれば間違いなく上達出来るので、最後までご覧ください。

アドレスをしっかりとれるように鏡で練習

ゴルフの基本は、アドレスです。

アドレスを見ただけで、その人がどれくらい上手いかわかる位アドレスは大切です。

上手い人のアドレスは、背筋が伸びて股関節が前傾して、膝が曲がりすぎずに重心が安定しています。

逆に初心者のアドレスは、背中が丸まり、ボールを見ようと頭が落ちる傾向にあります。

膝も曲げすぎ、股関節からの前傾が出来ていない事がほとんどです。

アドレスを練習するのに最適なのが、全身が映る鏡です。

アドレスは止まった状態なので最も練習しやすく、正しいアドレスが出来れば綺麗なスイングになりやすい為、一番練習してもらいたい部分です。

ほとんどの人は、このアドレスの重要性がわかっていないのか、球を打つ事ばかりに気を取られています。

お金もかからず家でも練習できるので、しっかり練習しましょう。

それでは、正しいアドレスの取り方を説明します。

  1. 左右均等に正面を見て真っすぐに立つ
  2. 膝を曲げないで股関節から前傾する
  3. 足裏全体に体重をかけ膝が突っ張らないように軽く曲げる
  4. 腕をダラリと垂らしたところでグリップする

慣れるまでは、この順番でアドレスをとってください。

よく、なんとなくアドレスをする人がいますが(ほとんどのアマチュアは当てはまると思います)、スイングに入る前の基本となる動作なのできちんと覚えましょう。

グリップ模型を使いグリップの練習

アドレスが決まったら、次はグリップです。

グリップで重要な事は、指で握る事です。

よく、右手が下から鷲掴みに握る人がいますが、これだとヘッドはあまり動かなくなります。

グリップは、クラブと体を繋ぐ唯一の接点

正しいグリップが出来なければ、正しいスイングも出来ないと思ってください。

グリップを覚えるには、ブリップ模型(グリップ練習器具)が最適です。

値段も1000円程なので、買って暇なときに握りましょう。

スイングの基本はビジネスゾーン

正しいアドレスやグリップが出来たら、次はスイングです。

上手くなりたければ、フルスイングの練習以上に小さい振りを練習します。

クラブが、腰から腰までの振りが良いでしょう。

いわゆる、ビジネスゾーンです。

腕だけで振らずに、体の回転と同調させることがポイントです。

地味な練習ですが、しっかりビジネスゾーンの練習をすれば、効率の良いスイングを身に付けることが出来ます。

まとめ

今回は、上達するにはどのような練習をすればよいかお伝えしました。

アマチュアの人は、どうしても球を打つ事ばかりに目を向けがちですが、実際は構えが正しく出来ていなければどんなに良いスイングでも上手く打つことは出来ません。

しっかりと構えを練習して、球を打つときはフルスイングよりも小さい振りでの練習を心掛ければ、効率よく上達出来ますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。

投稿者プロフィール

ズッキー
ズッキー
30代ティーチングプロ
ゴルフ歴は30数年、プロゴルファーである父の元、幼少よりゴルフを始める。研修生時代はプロキャディやミニツアーの経験あり。日々自己研鑽をしながら現役でレッスン活動をしています。