高麗芝とベント芝の違いと特徴

読者のみなさんこんにちは!

初めて行くゴルフ場に着いた時に、グリーンは高麗芝です。

と書いてあったとしたらみなさんはどんなイメージを持ちますか?

あっ、今日は芝目がキツイとか重いとか言う感想を持ちますかね。

最近では、日本もベント芝が主流になったので、確かに高麗芝だとちょっと苦手意識を持つプレイヤーが増えているのは事実だと思います。

高麗芝とベント芝の違い

この高麗芝とベント芝の違いについて今日はお話ししたいと思います。

高麗芝

高麗芝は【暖地型芝草】と呼ばれる夏芝で、日本芝になります。

夏の暑さに強く、冬には茶色がかりますが、日本の高温多湿気候にあった芝と言えます。

ベント芝

一方でベント芝は【寒地型芝草】で一般的に西洋芝と称されます。

ベント芝は、以前夏の暑さに弱い為、特に日本でも南に位置するゴルフ場では、夏に芝が傷む為、あまり使用されませんでした。

しかし今は品質改良され、夏場でも傷まないベント芝が登場し、冬場にも緑を保つ理由から日本中多くのゴルフコースがベント芝を採用していますね。

高麗芝とベント芝の特徴

高麗芝とベント芝の特徴についてご紹介します。

高麗芝の特徴

高麗芝の特徴ですが、葉の幅がベントと比較すると狭く、密度が高く強い芝になる事が特徴です。

強い芝なので、逆目からパターを打つと抵抗があります。

また、当然順目から打てば、転がる速度は速く、傾斜があればイメージよりも傾く事もあります。

良く、高麗芝は芝目がキツイなどと言われる由縁はこの事が原因ですね。

また、強い芝なので、スパイクの踏み跡やマークがつきにくいのも特徴です。

これは逆にグリーン上でスピンがかかりにくい特徴も併せて持ち合わせているとも言えます。

グリーンでパターを高麗芝でしっかりものにするのには、普段より傾斜と芝目の方向を意識する必要があると言えます。

日本では、冬にグリーンが茶色になる事を嫌って最近は敬遠されるゴルフ場も多いですが、日本の気候には合っているので、拘りを持っている所も名門コースでありますね。

静岡県にある川名ゴルフクラブなどは、高麗グリーンを採用していますよね。

ベント芝の特徴

ベント芝ですが、こちらは葉が柔らかい特徴があります。

また、その葉は細めで密集しており、冬でもグリーン色を保つ特徴があります。

また、抵抗は高麗芝と比較すると弱く、弱い分、傾斜なりに転がってくれる特徴もありますね。

また、芝を短めに刈り込む事で高速グリーンが出来ますので、プロツアーなどでも難度の調整で重宝される訳です。

特にプロのトーナメントは、ベント芝のコースを使用する場合が殆どです。

逆にトーナメントの間に高麗芝のトーナメントがあると、フィーリングが狂う理由で、避けるプレイヤーが出る事もありました。

そんな事と、冬場にも強い品質改良があって日本中のゴルフコースは今ベント芝が主流となってきた訳です。

まとめ

今回は、高麗芝とベント芝の違いと特徴についてご紹介しました。

高麗芝は

  • 【暖地型芝草】と呼ばれる夏芝で日本芝での幅がベントと比較すると狭く、密度が高く強い芝になる事が特徴

ベント芝は

  • 【寒地型芝草】で一般的に西洋芝で葉が柔らかく抵抗は高麗芝と比較すると弱く、弱い分、傾斜なりに転がってくれる特徴

みなさんは高麗芝が好きですか?ベント芝でしょうか?

どちらの芝であっても、パターを打つ時はやや強めが基本ですよ!!

■ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。ハイエストゴルフでは、ゴルフ上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、ゴルフ上達のためのDVD教材の販売も行っております。ゴルフに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@dorakon.jp

おすすめ
【無料動画】チャンネル登録すべきゴルフYouTube。ゴルフ初心者の25歳女性も上達中。


投稿者プロフィール

カール
カール
アマチュアゴルフ歴 30年 ベストスコア 72
ゴルフプレーと共に、昔プレーしていたラグビーの観戦をこよなく愛する 普通のサラリーマン。