ロブショットの打ち方と注意するポイント

グリーン周りのラフから、
ボールをフワッと浮かせて止めるアプローチ。

 

ツアー中継やハイライト動画などで見ていると、
カッコよくて真似したくなるものの、

 

難しそう…どうやって打つの?
という意見も多いです。

 

「ロブショット」または「フロップショット」と呼ばれ、
アプローチの場面でよく使われます。

 

成功すればカッコいいが、失敗した時のリスクも大きい。
というイメージもあるかもしれません。

 

ただ、打ち方のポイントを知って、無茶しなければ、
それほど難しいショットではないので、

 

これからご紹介していく内容を、
是非参考にしてみてください。

 

今回の目次

1.ロブショットとは
2.ロブショットを打てる条件
3.ロブショットで使用するクラブ
4.ロブショットの打ち方
5.ロブショットの注意点
6.まとめ

 

ロブショットとは

 

冒頭でも書きましたが、ロブショットとは、打ったボールがふわっと高く上がり、
ピタッと止まるように打つショットの事を指します。

 

比較的短距離で、エッジからピンまでが短い時や、
バンカー越えなどの転がして寄せられないときに使われることが多い。

 

ロブショットを打てる条件

 

ロブショットは、
いつでも打てるショットではありません。

 

また、高さを出すショットなので、
距離を飛ばすことには向いていません。

 

最も気を付けないといけないのは、
ボールと芝の間にフェースが滑り込むスペースがあること。

 

ラフに深く潜っていたり、芝の薄いフェアウェイでは、
トップしてしまう可能性が大きくなります。

 

ロブショットで使用するクラブ

 

サンドウェッジ、もしくはロフト角の大きなウェッジを使うと、
球は上がって、スピンで止まりやすくなります。

 

ロブショットの打ち方

 

まず、フェースを開いてセットします。

 

この時に、通常通りのロフト角でグリップしてから、
フェースを開いて構えるのは間違いです。

 

必ずフェースを開いた状態で、
グリップするようにしてください。

 

どちらもセットした状態での
フェースの開き具合は同じかもしれませんが、

 

前者の方はインパクトでフェースが起きてくるので、
思った以上に飛んでいくこと(オーバー)になります。

 

次にフェースを開くということは、
フェース面が右を向いている状態です。

 

フェース面がターゲット方向に向くように、
オープンスタンスにしましょう。

 

ボール位置はスタンス幅の中心から左足寄りにセットすることで、
フェースをボールの下に入れやすくなり、球が上がってくれます。

 

次にスイングですが、ロブショットの場合
大きな体重移動は必要ではないので、

 

少し重心を下げて
下半身を安定させた状態で振ってください。

 

・フェースをボールの下に潜り込ませるように
・ボールと芝の接点を削るように

 

など、打ちやすいイメージでインパクトしていきましょう。

 

ロブショットの注意点

 

ボールの下にフェースを潜り込ませる技術が低いと、
リーディングエッジでボールにコンタクトする。

 

または、インパクトの前に
フェースの裏側が地面にワンバウンドして、

 

同じようにリーディングエッジからボールに当たる。

 

トップして強く飛び出してしまい、
グリーンの反対側に飛んでいくことになります。

 

練習場でしっかりと練習してから、
本番で打つようにしてください。

 

まとめ

 

ロブショットはハイリスクな選択肢に感じて、
避ける方も多いですが、

 

打てる条件を見極められれば、
打てるようになってきます。

 

アプローチのバリエーションが増えてくると、
スコアアップにもつながるので、

 

練習を重ねて、コースで使っていきましょう。


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

LINEで友達になるだけで、プロのレッスンを自宅でしかも半額で受けられます!

「ハイエストゴルフ」がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、「ハイエストゴルフ」で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…すべてのゴルフDVD教材の中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!